仕事部屋の床を板張りにしてみた(2)

Pocket

僕の仕事部屋(であり、将来は娘の寝室としても使う予定の2階の和室)の改装の進捗報告です。

先月(2020年3月)は、畳の撤去と下地 —根太+断熱材+コンパネ1層目まで— が終わりました。

今月に入って暖かくなり、且つコロナ禍の影響で外出が減ったことで、よりDIYに集中しやすい状況になったため、4月の目標 —下地の完成と壁の撤去— を4月中旬で達成しました。

スポンサー広告




下地(板張り床の基礎)

畳を撤去した部分が、54ミリ凹んだので、そこを30ミリの根太と断熱材+12ミリのコンパネを2重に敷いて埋め合わせました。

コンパネ1枚(1820×910ミリ)を切らずに加工なしで使う場合は簡単なんですが、部屋の形状上どうしてもハンパな部分が出るので、余白部分を計測してコンパネから切り出す作業が必要になります。

この計測という作業も、丸のこを使っての切り出しという作業も、僕、絶望的に下手で(笑)。

ほらね。

フローリングの下に隠れるとはいえ、これじゃあ……(涙)。

押入れと垂壁の解体

気を取り直して。

続いては、押入れと床の間、床の間の上にある垂壁を解体します。

押入れの手前に見える緑っぽい壁(石膏ボードに砂壁のような壁紙が貼り付けてある)を破壊します。

この作業には、大型の斧を使用。

ふだん全く使う機会のないこちらの斧、ようやく日の目を見ました。本来の使い方とはちょっと違いますが。

壁を叩いて小さな穴を開けてみると、内部に木の骨組みがあり、それを2枚の石膏ボードで挟むようにして壁がつくられていることが判明。

斧で力任せに叩いて壊すのは止め、小さなハンマーで叩いて開けた穴を手がかりに、板チョコレートをポキポキ割るような感じで石膏ボードを少しずつ折り壊しながら取り外すことに。

というわけで、斧の出番はなし(涙)。

取り外した石膏ボードは細かく砕き、廃棄するため土嚢袋に入れ(*1)、骨組みは釘を抜いて解体。

撤去した石膏ボードは、市販されている製品のサイズでいうと3枚ほどでしたが、それを廃棄するために使った土嚢袋は6つ分にもなりました。

石膏ボードの撤去作業は細かい粉が大量に舞い、頭のてっぺんから足先まで真っ白になりますので、マスクとメガネ、帽子が必須です。部屋も閉め切らないといけないので、少し肌寒いこれくらいの季節でちょうど良かったです。

押入れも釘を1本ずつ抜いて解体。押入れの壁と天井、床に使われているベニヤ板も撤去しました。

押入れの新しい床には、厚さ4ミリ程度のベニヤ板が敷いてありましたが全く強度がなく、上に乗ると簡単に踏み抜いてしまって危険なので、撤去して12ミリのコンパネを敷くことに。

12ミリのコンパネを載せた時に、他の部分の床と高さが合うように根太の高さを調整して設置し、断熱材を切り出してはめ込みます。

あとは計測したとおりに切り出したコンパネを載せて、ネジで留めて完成。

と書くと簡単ですが、この床の張り替えに1週間ほどかかりました(汗)。

– – –

今回は作業に解体が多く含まれたこともあり、出たゴミを袋に詰めて、掃除して、また解体して……の繰り返し。


作業を終える時は、次回のテンションが下がらないように清掃して終了

片付けと清掃という地味な作業が全体の30%くらいを占めていた気もしますが、家を壊す(解体する)という経験は初めてだったので、なかなか楽しめました。

というわけで、基礎的な作業は以上で完了。床と壁を新しくする準備ができました。

5月中に、壁に石膏ボードを取り付け+フローリングの設置、まで行きたいところですが(そこまで行けば、部屋として使用できるようになります)、石膏ボード取り付けの作業工程を考えると、5月いっぱいはかかりそうな気がします。

*1 石膏ボードは、行政サービスにおけるゴミ収集には出せません。リサイクルするために石膏と紙に分けて処理するので、地域のリサイクルセンター等に連絡して持ち込む必要があります。処分は有料です。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください