補修したタープを設営する時の注意点

Pocket

先日、今年最後のキャンプも終え、僕は仕事も昨日で納めまして、家でマシューの足の裏(肉球の間)の毛を短く刈り込んだり、キャンプ道具のメンテナンスをして過ごしています。

今日は、補修したタープの設営で学んだことを共有しておきたく、記事を書いております。


タープ中央部を横に走る縫い目が補修跡

スポンサー広告




今年9月に襲来した台風17号によって、我が家のウッドデッキの上に設置しているタープ(タトンカ2TC)が大きく破れてしまいました

補修したタープを再度設営したところ、縫い目から雨漏りが。

最初は縫い方が甘かったのかなと考えましたが、観察してみたところ、縫い目の向きにあった設営をしていなかったことが原因と判明。

タープは裂けた部分を重ね合わせて縫っています。つまり縫い目に、上になる部分と下になる部分が生まれます。

ふつう水は高いところから低いところに流れますよね。僕はこの摂理を忘れ、補修で生まれた縫い目の重なりを考えずにタープを設営してしまっていたわけです。

こんな風に。

これが雨漏りの原因でした。

縫い目の上側が高いところ、下側が低いところにくるよう設営を変えたところ、雨漏りは止まりました。

考えてみるとごくごく当たり前のことではあるんですが、意外と気づかないものなんですねぇ(僕だけ?)。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください