カテゴリー: 植物について

小型ビニール温室を買ってみた

実は、昨年の冬、15年以上育ててきたセロームという植物を枯らせてしまいました。 11月に初めての子どもが生まれ、バタバタしていたということもありますが、大きくなり過ぎたセロームの居場所を室内につくるこ...

シナデニウム・グランティー・ルブラ

生花店や観葉植物(多肉植物)の卸業などで働いた経験を持つ同僚から、シナデニウム・グランティー・ルブラ(Synadenium grantii var.rubra)という、少し変わった植物をもらいました。...

蔦の絡まる家にしたい(3)

昨年、ツタをもらってきて育てているという記事を書き、12月までその順調な成長っぷりを写真で更新していましたが、雪がチラつきはじめるとさすがに成長を止めていたフォスター氏(ツタの名前です。由来はこちら)...

フィカス・ウンベラータの取り木 [完結編]

フィカス・ウンベラータの取り木、前回は表皮を剥いで水苔を巻いて根っこを出すところまでやりましたが、あれから約1か月。いよいよ完結編!です。 スポンサー広告 根っこが出てきた! 表皮を剥がして水苔を巻い...

蔦の絡まる家にしたい(2)

具体的な計画は何も進んでいないのに、妄想だけは膨らみ続けているという話を先日書きましたが、今日はその話に出てくる「もらった蔦(つた)」についてです。 スポンサー広告 もらってきた蔦、再生なるか? もら...

フィカス・ウンベラータの取り木 [準備編]

友だちが自宅を新築し、11月くらいに竣工するとの話を聞いてはや半年以上。何か良い贈り物はないかなと思案してきましたが、僕が大切にしているウンベラータから取り木して、鉢に植えて贈ることにしました。 スポ...

蔦の絡まる家にしたい(1)

土地の問題などがあってなかなか前に進んでいないキャンプハウス計画ですが、妄想は相変わらず。今日は「蔦(ツタ)」について書いてみたいと思います。 スポンサー広告 温室的土間 初期のエントリーにも書きまし...

ダイバーシティ緑地

ここ数日、鳥取はめっきり春らしくなり、良い天気が続いています。そんな折、インターンシッププログラムに参加する学生たちが、僕が働く会社で運営している農場に全国から訪れて農業体験をするというので、その取材...