家づくりやキャンプにまつわる本たち

「宇宙からの帰還」を読んでみた

今年もたくさんの著名人が亡くなりましたが、作家の立花隆さんもその中の一人でした。 積読になっていた本の中に氏の代表作の一つ、「宇宙からの帰還」があるのを発見したので読んでみたのですが、これが驚くべき傑作で(ご存知の方も多いとは思います...

「葉っぱのぐそをはじめよう」を読んでみた

先日一緒にキャンプした友人がふいにこんなこと言ったんですよ。「最近、僕はキャンプの時は葉っぱのぐそしかしないんです」かなりの衝撃発言なわけですが、話を聞いてみると、どうやら一冊の本との出会いがそのキッカケになったよう。その本がコチラです。
家の改修・修繕

子どもに本を好きになってもらうには

本を読むこと、好きになることは、多くのメリットこそあれデメリットは見当たりません。 集中力や想像力、語彙力などがつくということから、子どもに本を好きになってほしい、たくさんの本を読んでほしいと考える親は多いと思います。僕たちもそうです...

「RANGE 知識の『幅』が最強の武器になる」を読んでみた

ものすごい本に出会いました。今年のはじめに手にしてもう何度、通読したでしょうか。僕がこれまで読んできた本(大した数ではありませんが)の中で、トップ3に入ります。 スポンサー広告 (adsbygoogle = ...
家族について

寝室と本

子どもを寝かしつける時に本を読む、というのは多くの家庭がやっていることだと思います。うちもご多分に漏れず。 子どもの年齢が上がり、本の種類が絵主体のもの、いわゆる絵本と呼ばれるものから徐々に文字主体のものになっていくに連れて、親の動機...

「新・エリート教育 混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?」を読んでみた

以前、働いていた会社の同僚が上梓したと聞いて、そしてそれが教育関係の本だと聞いて、すぐに買い求めました。 「新・エリート教育 混沌を生き抜くためにつかみたい力とは?」 かつての同僚が本を書くことは珍しいことではないのですが、...

「ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル」を読んでみた

明けましておめでとうございます。2020年も楽しくいきましょう! さて、2020年最初のエントリーはブックレビュー。今後の僕のキャンプの方向性を示すであろう一冊を共有します。 「ブッシュクラフト-大人の野遊びマニュアル: サバイ...

キャンプ特集の雑誌を読んでみた

最近、Amazonプライムで「ゲゲゲの鬼太郎」ばかり見ている娘のために、この週末、鳥取県境港市の水木しげるロードに行ってきました。娘も大喜びだったし、銅像以外にもいろいろ楽しめる要素があり、思った以上に楽しい場所でした。 で、今回は水...
タイトルとURLをコピーしました