カテゴリー: 家を建てるにあたっての妄想

R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想(ウッドデッキ編)

鳥取は悪夢のような大雪に見舞われています。こんな時は家の中でじっとしているのが一番、ということで、R町プライベートキャンプ場の妄想を進めましょう。 R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想の...

R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想(小屋=BESS IMAGO編)

まとまりなく終わった前回の記事。なぜまとまらなかったのかを考えてみると、プライベートキャンプ場に必要な4つの要素(以下の表を参照)を個々に考えていてもダメだから、だったのではないかなぁと。 個々に考え...

R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想(トイレ編)

将来、R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想についての記事、前回は、その妄想を完成させるために必要な設備4つのうち、「流し場」について考えました。 プライベートキャンプ場に必要な4つの設備...

R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想(流し場編)

T町にキャンプハウスを建てるという単なる「妄想」が少しずつ「計画」に近づいていますが、キャンプハウスの初代候補地だったトム(妻)の祖父母の土地(長いので今後は「R町の土地」と言うことにします)について...

地方都市はコンパクトシティを目指すべきか

地方都市はコンパクトシティを目指すべきか

鳥取のような地方都市に暮らしていると、日々、市街地活性化だとか移住定住者を増やそう!だとか、そういった「まちおこし」にまつわる活動や発言をよく耳にします。 市街地活性化は、かつて中山間部の農村と相対す...

他人の土地で妄想してみた

先日、仕事で出かけた先で、素敵な土地(と家)を発見しました。その家には誰も住んでおらず(*)、すごく古くなって傷んでいましたが、土地の雰囲気や周囲の環境が最高でした。 別の角度から。 大きな木が、道路...

妄想スケッチ T町キャンプハウス

先日、トム(妻)たちと3人で、友人が新しく建てた家を訪問しました。こだわりがコンパクトな空間に凝縮された家を堪能したその帰り道、トムが「キャンプハウス、早く建てたいよね」と。 いや、それは本当に僕もそ...

キャンプハウス モウソウ2016

新年、明けましておめでとうございます。 昨年1月から始めたこのブログ、今年ものんびりマイペースで更新していけたらと思っています。どうぞよろしくお願いいたします 今年最初のエントリー、もうちょっと早く更...