Marmot サンスクリーンシェードキャップを買ってみた

Pocket

ぼちぼち日中は暑くなってきました。ここ鳥取も最高気温30度を超える日がちらほら出てきて、いよいよ夏が近づいてきてるなと感じる今日この頃。

トム(妻)が、以前から僕が欲しがっていた日除けスクリーン付きの帽子をプレゼントしてくれました。

Marmot(マーモット) サンスクリーンシェードキャップです。

素材 表地/ポリエステル100%、裏地/ポリエステル100%、サンシェード/ポリエステル100%
重量 76g(aw計測)
サイズ M:頭周り/56.5cm、高さ/10cm、つば/7cm、L:頭周り/57.5cm、高さ/10cm、つば/7.5cm

こう見ると、ふつうのキャップに見えますが、名前にサンスクリーンとあるとおり、日除けつきのキャップです。

かぶるとこんな感じです。

スポンサー広告




日除けつきのキャップは、マラソン選手が炎天下でのレースでかぶっていたり、登山などアウトドアアクティビティでも見かけますよね。

要するに、長時間、太陽の日差しにさらされてしまう環境下で利用されることが多いようです。

ではなぜ自宅のPC前でもぞもぞと仕事しているawに、この製品が必要なのか。

1日3回の犬の散歩、食料品の買い出し、娘の迎えなど、ふだんちょっとした外出しかしなくても、この時期、僕の首はいつも後ろ側がおそろしいほど真っ黒に日焼けしてしまうんですよね。

以前は「別にいいじゃん」と思ってたんですけど、齢五十を間近に、首の後ろもケアしてあげなきゃと思うようになり(笑)。

暑い日には表面付近に太い血管がとおる首を濡れた手拭いや冷却アイテムで冷やしたりすることから分かるとおり、首を日差しにさらさないことで熱中症対策にもなるんですよね。

そんなこんなで、「欲しいなぁ」とブツブツ言ってたら、それを聞いてたトムが買ってくれたんですよね♪(ありがとう!)

ちなみに僕の娘が通う保育園のキャップも日除け付き。

子どもたちがかぶってるとかわいいんですけどね。僕がかぶってると兵隊さんに見えてきますよね……。

サンシェード付きキャップいろいろ

サンスクリーン(サンシェード)付きのキャップは、多くはないものの幾つかのアウトドア用品のメーカーがリリースしています。例えばこんな感じ。

Columbia

バッドアックス サンシェード
キャップ PU5528

The North Face

サンシールド
キャップ

モンベル

サハラキャップ

アウトドア感・スポーツ感の強いもの、デザインに主張が強いもの、サンスクリーンが脱着できるものできないもの、いろいろなタイプの製品ありますが、Marmot サンスクリーンシェードキャップがシンプルで汎用性が高いと感じ、こちらに決めました。

サンスクリーンを収納すると、このようにごくごくふつうの帽子になります。


キャップのサイドに見えるスリット部分に収納することができます

コットン風の見た目ながら、最初に掲載したスペックのとおりポリエステル100%なので水に強く、乾燥しやすくなっています。

内部も通気性のよいメッシュ構造。

サイズはMとLの2つで、僕はLをチョイス。

お店で実際に試着した時に少し大きい感じがしましたが、ドローコードで調整すればちょうどいいかぶり心地に。

・・・

今年の夏もきっと暑くなるでしょうが、日常の外出は必要ですし、外遊びもしっかり楽しみたい。というわけで、Marmot サンスクリーンシェードキャップにしっかり活躍してもらう予定です。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください