ライフジャケットを検討してみた

Pocket

先日、久しぶりに消防の同期の友人とお酒を飲みました。同期の中でも一番仲の良かったヤツで、もちろん現役の消防士です。

彼は、2001年の東日本大震災での救助活動をキッカケに他の都道府県の消防士たちと繋がり、救助訓練を行ったり、日本各地で頻発する災害のボランティアに参加したりと、所属する組織や一消防士としての枠を超えて、全国規模で活動しています。

ゆえに、やはり会話の内容は、災害や防災について何ができるかといったものに。

スポンサー広告




その中で、水難事故防止におけるPFD(Personal Floating Device)、つまりライフジャケットの重要性について指摘されました。

今年は結局、娘を海に連れていかれなかったのですが、機会をつくって行くつもりでいました。しかし、僕のものも娘のものも、ライフジャケットの用意はありませんでした。さらに言えば、必要性にも気づいてませんでした。

浅瀬で水遊びする程度だから大丈夫と高をくくっていたと思います。そして「自分は泳げるし、救助の知識も経験も、少しはあるから大丈夫」と、ほとんど根拠のない自信(過信)があった気がします。

毎日のように水難事故によって死者や行方不明者が出ているのを新聞で見て、「なちゅうことだいや(*1)」とため息をついていたにも関わらず、僕お得意の、「他人事」として扱って見ていたわけです。

以下は、国土交通省が発表している、ライフジャケット着用時/非着用時それぞれの死亡率です。


画像出典:国土交通省

ライフジャケットを着ていても40%の方が亡くなっていることにも衝撃を受けますが、しかし、着用していないと4人に3人が亡くなってしまうというのもかなり強い事実。海上保安庁も似た調査を実施して結果を公開していますが、ライフジャケットを着用していた方が生存率が高いのは同じです。

また、ライフジャケットは海や川でのレジャー時だけでなく、先日、中国・四国地方を襲った豪雨水害(平成30年7月豪雨)のような水害でも、確実に有用なアイテムだと思います。

そこで、夏は終わってしまいましたが、ライフジャケットについて調べておくことにしました。

ライフジャケットの分類と選ぶ際のポイント

自分の学びのためにも、今回調べた内容をざっくりと整理して記載してみたいと思います(詳しくは、文末の「参考記事」をご覧ください)。

国土交通省認定品と非認定品

安全性に大きく関わる点として、「国土交通省認定品」と「非国土交通省認定品」の分類があります。読んで字のごとく、前者は国土交通省が定める「ライフジャケットの安全基準と技術基準」を満たす製品、後者はそうではないものです。

ライフジャケットは命に直結する製品ということもあり、国土交通省認定品は、かなり厳格な試験を通過した安全な製品と言えます。船舶を利用する際は、認定品のライフジャケットでなければ法令違反となります(*2)。

では、非国土交通省認定品が安全ではないかと言えば一概にそうではなく、たとえば、十分な安全性能を持ってはいるものの外国製だったり、磯釣り専用に製造されているものがそれに該当するようです。

ちなみに、製品をいろいろ見ていると、国土交通省認定以外にも「CE認証」や「CCS船級対応(*3)」といった記載のある製品に出会いますが、これは海外で定められたもののようで、この認証だけでは、いずれも「非認定品」に類することになります。

タイプについて

さらに、国土交通省認定品は色や浮力、付属品等によって「タイプ(TYPE)」に分類されていて、A、D、F、Gの4つのタイプがあり、現在市販されています。利用する船舶の種類や規模によって、使用が認められているライフジャケットのタイプが定められているようです。

その中でもTYPE Aは全ての船舶で利用できるようですので、このタイプを購入しておけば間違いないと思われます。が、オレンジ色、または黄色と規定されているので、レジャーでも使いたい場合は、色の条件が緩和されているタイプDが良さそうですね。

固型式(非膨張式)と膨張式

続いて、ライフジャケットの構造(仕組み)ですが、主に固型式(非膨張式)と膨張式があります。

固型式のライフジャケットは、装着している時していない時、いずれでも形状が変わらないもので、チョッキ式や首掛け式などがあります。さらにチョッキ式にはフロントバックルタイプ、フロントバックル+ジッパータイプ、プルオーバータイプなど、装着方法で分類できます。

一方で、膨張式のライフジャケットは、水に入った(落ちた)瞬間にそれを感知して自動的に、あるいは装着者が手動で空気を送り込んで浮力を発生させるもの。

それぞれのメリットですが、固型式は、たとえば船や陸地から海や川に落ちた時に、何もしなくてもただちに浮力が生じるので、ただ着ているだけでOK、という点。

膨張式は、使用していない時は小さく縮んでいるので動きやすいし、デザインもスッキリしていること。

デメリットは、上記のメリットがそれぞれ入れ替わった感じですが、固型式は着用していると動きづらいし、夏なら暑い。浮力=体積になるので、安全性能が高いライフジャケットは嵩も大きくなって、デメリットの傾向が強くなります。

膨張式については、膨張するかどうか確実ではないこと(メーカーは動作保証していません)。自動で膨張しなかった場合は、手動で膨張させる必要があります。手動=紐などを引くだけのものが多いようですが、不意に水に落ちたり流されたりしている時に、冷静に対処できるかどうか。落水した際に気を失ってしまう可能性もあります。また、膨張したものの破損していてガスが漏れたりするケースも全くないとは言えないようです。

少なくとも、子ども用については固型式を選ぶべきだと感じますね。

他にも、気体密封式やハイブリット式などがありますが、現在流通している主なライフジャケットは固型式と膨張式の2つです。

素材

素材ですが、ナイロンとネオプレン®の2つが主流のようです。ネオプレン®はアメリカ・デュポン社の登録商標で、クロロプレンゴムと呼ばれるものです。主にダイビングのウェットスーツやDVD保護ケースなどに使われています。

前者は軽くてローコストで装着しやすい、後者は着心地が良いけどやや価格が高い、といったところのようです。

浮力

ライフジャケットに求められる浮力は、国土交通省の安全技術では、固型式で7.5kg以上、膨張式で6kg以上と定められています。

目安としては体重の10%、例えば60kgの体重であれば必要な浮力は6kg以上。これは着用者の頭を水面に出すために必要となる浮力のようです(*4)。

また、小児用ライフジャケットは別途、以下のように定められています。

体重 浮力 体重 浮力
40kg以上 7.5kg以上 15kg以上40kg未満 5kg以上
15kg未満 4kg以上

子どもは大人に比べて頭が大きいですから、体重の19〜27%の浮力が要求されていますね。

浮力はライフジャケットのもっとも重要な要素の一つですから、大切なチェックポイントです。

これらの要素を組み合わせて、想定する用途や状況に応じて選ぶ、ということになります。

以上を踏まえて、実際の製品をチェックしてみたいと思います。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. Say より:

    我が家でもPFDの重要性は感じており、2人の子どもには海はもちろんプールでも着用させています。
    水遊びの事故はちょっと目を離した隙に起こることが多いですが、「子どもから絶対目を離さない!」なんてことは無理だと思っていますので。
    でもPFDを着用させているから安心して目が離せる・・・とならないように気をつけないといけませんね(笑

    色については深い思慮なく可愛らしい色にしたんですが、青色は海で発見されにくいというのは考えてもいませんでした(汗
    あと、確かに災害に対しても使えますね。使用後はクローゼットの中にしまい込んでいましたが、手の届きやすいところに保管するようにしようと思います。

    • aw より:

      Sayさん、コメントありがとうございます!

      本当にそうですよね。数秒だけと目を離したつもりが、思わず1分2分になってしまうなんてことは、よくあることだと思います。そしておっしゃるように、着せてるから安心、という陥りがちな思考も断ち切るようにしないといけませんね。

      幼い頃から水遊びする時は状況問わずライフジャケットを着用させることで、子どもにライフジャケットを着て遊ぶのがふつうのことだと認識させられるかも知れません。

      とにもかくにも、我が家にはライフジャケットが一着もないので、早く購入しなければ、です。

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください