建築家に送ったEメール

Pocket

T町の土地にキャンプハウスを建てる計画(妄想)をさらに一歩進めるために、ステークホルダーとなる家族、親族と具体的に話し合う際のたたき台となる基本案を、建築家で友人のPLUS CASAの小林夫妻に依頼することにしました。

そのEメール、一部を修正したものですが、共有します。

スポンサー広告




送信する前に内容をトムにチェックしてもらったのですが、「やはり、こうして実際の文章にして読んでみると、ちょっと夢見がち過ぎるように感じるね」との意見をもらいました。

確かにそうかも知れません(笑)。

が、これは、まずは頭の中に浮かんだアイディアを具体的なアイディアに落とし込んで、ああしようこうしよう、ああでもないこうでもない、と、妄想から現実に一歩踏み出すためのキッカケに過ぎません。

本当にT町にキャンプハウスが建つことになったら、今僕の頭の中に経っているものと随分と違うものになっているかも知れません。

とにもかくにも、PLUS CASAさんからの提案を楽しみに待ちたいと思います。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください