T町ハウスの改修 – 庭(1)木の伐採と石の除去

暖かくなってきて、T町の家(以下、T町ハウス)の中でもやや過ごしやすくなってきたこともあり(築50年近い古いつくりの家なので、とても寒いのです)、この週末、弁当持ってT町ハウスで過ごしながら庭の整理をしました。

僕の父親、トム(妻)と子ども、それからトムの妹やその息子なども参加して、わいわいにぎにぎとした幸せ時間となりました。

スポンサー広告




先日の記事にも掲載していますが、T町ハウスの庭、初期状態はこんな感じ。

T町ハウスの改修 - 庭(1)-初期状態

こうして離れて見るとあまりそう感じないのですが、写真奥のあたりは鬱蒼としていて、目が行き届きにくい状態になっています。かくれんぼには適していますが、まず、これを改善したい。

それから、岩のような大きなものから小石まで、とにかく石がゴロゴロしているので、これをできるだけ除去したい。

というわけで、この週末の仕事はこの2つに決定。

木の伐採

大きな金木犀(キンモクセイ)の木など、主要?な木を3つ残して、残りは思い切って伐採。地面から生えていたハランの葉や雑草などもガシガシと。

結果、かなりスッキリしました。

T町ハウスの改修 - 庭(1)

花ニラがたくさん生えていて、除草作業中、庭は濃厚なニラの香りに包まれていました(苦しかった…)。金木犀の香りなら大歓迎ですが、その季節まではまだあと半年ほどありますしね。

石の除去

続いては、石の除去です。

そのままでもいいんじゃないかと思ったんですが、小さな石でも小さな足の子どもにとっては結構な大きさ。それに、ちょっと足をくじいた転んだ程度なら全然問題ないのですが、鋭利なかたちをしているものもあり、万が一転んで顔から突っ込んでしまったりすると危険なので、できるだけ除去していきます。

あと、子どもが最近モノを掴んで投げるのが上手になってきたこともあって、投げて窓をパリーン!なんてこともあるかもと(笑)。

さて、石っていざ捨てるとなると、どこに?って感じなんですよね。しかもかなりの量。

そこで、庭の隅にまとめて置いておけるスペースをつくることにしました。

上の写真にも写っていますが、庭の奥に向かって右側に、木の杭と板で石置き場をつくりました。材料は近所のホームセンターで購入(3000円弱)。防腐剤を二度塗りし、乾かしています(週末の作業に向けて、昼休憩にちょいちょい作業してました)。

木材で作った塀は、高いところで50cmほどの高さがあり、高いところには大きな石や灯篭の残骸、低いところには細々した石を、せっせと運んで積んでみました。

T町ハウスの改修 - 庭(1)

この作業を終えてから昼ごはんを食べたのですが、箸が持ちづらくなるくらい握力を消費しました(笑)。

本当に、どこからこんな石を持ってきたんだろう? と不思議になるほど、たくさんありましたね。

ほら。

T町ハウスの改修 - 庭(1)

父親に聞いたところ、1952年に起きた鳥取大火以前は、両隣りをビルに挟まれたこの小狭い土地は現在の何倍も広かったようで、当時の庭で使っていた石とのこと。

これらの多くは、日本三銘石として知られる佐治川石(*)ですが、鳥取大火で業火に晒されてしまったためにとても脆く、石としての価値は皆無になっています。少し刺激を加えると割れて鋭利な角を持つ危険物になるので、むしろ邪魔な存在ですね……。

.

とにもかくにも、薄暗かった奥のエリアが多少スッキリしたことで、がぜんヤル気が湧いてきました。

今週末手を入れた奥のエリア、残るは、小屋へのアプローチ脇に土止めとして置いてある石を石置き場のような木材に変えたり、落ち葉を集めて堆肥づくりしたり、といった感じ。

これで概ね「危険な要素」が除去された状態になり、子どもを遊ばせられるようになると思います。

まあ、この作業中、すでにホウキを片手に持って遊びまわっていましたが(笑)。

* 参考資料「日本三大一覧(Wikipedia)

Pocket

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. CISCO より:

    手入れした庭で子どもが遊びまわる姿が目に浮かびますね!
    もう少しテコ入れ必要そうですが、こんなに広さがあればタープ張ったりBBQしたり、CAMPも出来そうですね(´∀`)

    我が家の場合、猫の額ほどの庭になるのと建売なので周りから丸見えになることから毎年夏場の簡易プールで遊ぶ程度が手一杯といったところです。。

    諸事情や諸条件あったのだとは思いますが、親からするとアパートに比べれば格段に周りへの配慮による負担が減る事と子どもも伸び伸び動き回れることを考えれば、私的にはこの家で過ごすことになる時間はとても良い選択なのではないかと思いました^_^

    • aw より:

      CISCOさん、コメントありがとうございます!

      この庭は、ある程度の広さがあることと、外部からの目線がほとんど気にならないというメリットがあるので、春から秋にかけて、めいっぱい楽しみたいなと思ってます。テントやタープ張ったり、BBQしたり、、、子どもより大人のほうがはしゃいでそうな気がしますね(笑)。

      庭をイジるというのは初めてのことですので、どこまでよい環境に生まれ変わらせることができるか未知数ですが、これも楽しみながらやっていきたいと思います!

      > 私的にはこの家で過ごすことになる時間はとても良い選択なのではないかと思いました^_^

      そうおっしゃっていただけると、ありがたいです。どこかでまだ少し迷ってる感じもありますので。。ただ、もう決めたことですし、期間限定ですが、ここで楽しく家族で過ごせるようにできるかぎり環境整えて、生活していきたいと思っています!

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です