パタゴニア ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック 27L

半年くらい前になるでしょうか、トム(妻)が「背負える買い物バッグ」が欲しいということで、Patagoniaのウルトラライト・ブラックホール・トート・パックを買いました。

「えー! バックパックあるのにまたカバン買うの?」とブー垂れた僕でしたが、気づけば僕の方が高い頻度で使うように(笑)。

ウルトラライト・ブラックホール・トート・パック 27L
画像出典:Patagonia

スポンサー広告




この黒を含めて全8色のカラーラインアップですが、黒というカラーのおかげか、どことなく吉田カバンのTANKERに似た雰囲気があり、仕事から遊びまで幅広く使えるバッグです。

仕様やスペックについては、細かく説明してくれている素晴らしい記事がありますので、そちらをご覧いただければと(笑。記事リストは記事の最後に掲載しています)。

ではこの記事で僕は何を伝えるのか……、あまり役に立たない僕のかなり個人的な感想です。

買い物バッグとして重宝

aw家で長年買い物バッグとして働いているのが、2006年頃に鎌倉で買ったパタゴニアのトートバッグです。

Patagonia トートバッグ
現行の「Patagonia マーケット・トート」はこちら

買い物バッグだけでなく、キャンプやちょっとした外出など出番がめちゃ多いヤツなのですが、今年(2022年)でかれこれ16年間も頑張っているのに、ほつれ一つ出ない頑丈さ。すごいです。

ただ、自転車に乗る時に肩にかけて走ることになり、ズレ落ちを防ぐためにはどうしても片手運転になっちゃうんですよね。で、これは道交法違反※1になるので避けなければならず……という流れがあってのこのブラックホール・トート・パックの導入だったわけですが、買い物バッグとして、なかなか使い良い感じです。

買い物バッグの必須条件としては、「小さく畳んで収納できるけど、使う時は大きくなる」と「軽い」があると思います。

このブラックホール・トート・パックも、小さくすることができます。


画像出典: Patagonia

ただ、やってみるとかなり面倒なんですよね。これやってる人はかなり少ないんじゃないかなぁ。

我が家でこのブラックホール・トート・パックが買い物バッグとして使えている理由は、ふだんスーパーなどの買い物をする際、「仕事など別の用事で出かけた帰りに寄る」というパターンはかなり少なく、「ちょっとスーパー行ってくるわ」と自宅からそれ目的で出かけることが多いからなんですよね。つまり仕事用バッグなどに小さくして入れておく必要がないわけなんです。

でも買い物バッグとしてのもう一つの条件、「軽い」はかなりのレベルで満たしてくれています。

重量370gとかなり軽い

我が家の買い物バッグの先代(まだ現役ですが)のキャンバス地のトートバッグは、約240g。

対して、このブラックホール・トート・パックは370g。この130gほどの違いは、両肩に掛けることによって霧散します。背負い心地はマジに軽い。背負っている感がゼロに近いのです。

買い物をする前にどれだけ寄り道しても、このパックに由来する疲労はないでしょう。

なので、例えばファミキャンなどで、ファーストエイドのセット、防寒着や雨具などを入れて行動時に限らずずっと背負っておくのもいいかも知れません。椅子に座ってのんびりしてるのにバックパックを背負っている様は見た目的に違和感ありますが、背負ってる本人にはないはずです(多分)。

さらに、(これは自分でもフツウじゃないと自覚してますが)いまの時期だと朝夕と日中の寒暖差があったりするので、シャツやベストなどをブラックホール・トート・パックに放り込んで家の中でも背負ってたりします。これは先述の例よりも見た目的にさらに違和感ありますよね(笑)。

重いものは苦手

ただし、僕が使ってきた中で「これはNGだわ」と思ったものがありまして、それがラップトップPCやタブレットなど重くてペラペラの形状の物体です。

ブラックホール・トート・パックはくしゃくしゃに畳んで小さくできるくらいなので、形状を保つための骨のようなものがないし、内部に仕切りのようなものもありません。

なので、ラップトップPCやタブレットは背中に沿って立ったままの状態を維持できず、中で倒れて斜めになったりして、結果としてバッグの形状が激しく歪めてしまうんですよね。

Macbook ProをPatagonia ブラックホール・トート・パックに入れてみた

Macbook ProをPatagonia ブラックホール・トート・パックに入れてみた
Macbook Proを入れたところ。結構歪んでますよね(汗)

雑誌やノートなども同じようにカバンの中でうまく固定されないので、歪みを生む要因になります。

買い物時で使う場合でも、牛乳や食用油など重いものはありますよね。でも、これらは寝かせるようにしてバッグの底に入れれば安定してくれるので問題ありません。

肩紐はクッションが入っていて厚みがあるし、チェストベルトも付いてるのである程度の重さのものを入れることは想定されてるとは思うんですが、とはいえ重いものの収納は苦手なバッグだと思います。

多数のユーザーの声で共通するのは、やはりその軽さ。なので買い物以外では、「ちょっとした外出時に上着や雨具、夏場ならタオルや着替え、冬場なら脱いだダウンジャケットなど、軽めのものを入れて背負う」のが、軽いという最大の特徴を活かしたベストな使い方かな〜と思ってます。

パタゴニア ブラックホール・トート・パック 27Lを背負ってみた

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください