パタゴニア フィッツロイ ダウンフーディを買ってみた

今年の冬は寒くなる! めっちゃ雪も降る! なぜならラニーニャ現象が発生しているから! といった脅しのような情報がバンバン流れてきたり、大雪が降ったら主要な幹線道路を封鎖するとの方針を国土交通省が示して県知事が「けしからん」と怒ったりと*1、なにやら物騒な感じになっている今年の冬。とはいえ現時点で特別にいつもより強い寒さを感じているわけではないんですが。

しかし、冬になるといつも僕の頭のかなりの部分を支配する「外に出る時にやたらと重ね着する必要がある、なぜならば重ね着を前提としない”それ1枚で凄く暖かいアウター”を持ってないから問題」はいまだ続いており、本当に今年めちゃ寒い冬になるならいよいよ買っておかないとな、と真剣に考えるようになりました。

という流れでポチりましたのが、パタゴニアのダウンジャケット、フィッツロイ ダウンフーディ(Fitz Roy down foody)。


画像出典: patagonia

スポンサー広告




ラインアップを整理ついでにスペックダウン?

僕はパタゴニアというブランドが好きですが、ずっと昔からコレクションしていたり、たくさんの製品を試したりしているわけではありません。

ただ、先述の重ね着問題解消のためダウンジャケットチェックは何年もしており、その一環でこのフィッツロイ・ダウンのことも知ってはいました。

頼りない記憶ではありますが、少なくとも2年前(2019年)まで、フィッツロイにはフード付き(ダウン・パーカ)となし(ダウン・ジャケット)の2つのラインアップがあり、冬季のクライミングにおけるビレイヤー(登攀者の安全を確保する役割)の使用、つまり市街地よりも気温の低い場所で、断続的に寒風に曝され、身動きもそれほどとれないという状況での着用を想定した仕様になっていました。

ビレイの動作を妨げないようジャケットの下部からファスナーを開けることができるようダブルファスナーになっていたり*2、前面開口部の防寒性を高めるためにドラフトチューブが設えられていたり、数値が公表されていないので分かりませんがおそらくはダウンの使用量も現行品より多かったりなど、現行のフィッツロイよりも明らかにハイスペックです。そのぶん価格にも大きな違いがあります。


以前のフィッツロイ・ダウン・パーカ

今回僕が購入したフィッツロイ・ダウン・フーディはそれと比べると明らかにスペックダウンされたタウンユースに近いもの、アウトドアで使うとしてもより汎用的なものになっています。

しかし、個人的にはそれでいいのではないかと思います。

冬季に屋外のゲレンデでクライミングする人が世の中にどれだけいるのか僕には分かりませんが、かなり限られるのではないでしょうか。

先ほどスペックダウン、汎用的と書きましたが、ファスナーをシングルにし、防風をドラフトチューブからストームフラップに変更するなど仕様をシンプルにすることで重量および価格を20%以上軽量化。しかしフィッツロイの名を汚すことのない高い防寒性を維持した現行モデルは、非常に良い製品なのではないかと感じています。

おそらく仕様変更に際しては、実際の使用者から受けた多数のフィードバックを参考にしているはずでしょうし、ドラフトチューブは冬用シュラフの使用者なら分かると思いますがファスナーがめっちゃ噛みますからね、使いやすさとトレードオフを余儀なくされます。僕個人としてはストームフラップで十分ですね。

それから、2つあったラインアップをフードありのみに絞ったのも個人的には良い判断のような気がしています。本当に寒い時にはフードは必需品ですからね。本当に寒い時に着るダウンジャケットにフードがなくてどうするの! というのが僕の意見です。

身長168cm×体重62kg=XS

素材やスペックについての詳細なレビューはたくさんの動画やブログがすでにたくさんありますのでそちらを参照いただくとして(いつもながら手抜きで恐縮です。参考記事は文末に掲載しています)、僕からはサイズ感について少し言及しておきます。

サイズ選びは洋服を選ぶ際にとても重要なポイントですが、通販で購入する場合は、特に難しさを感じる部分でもあります。

正答率を高める方法の一つが、同じブランドの製品を買うこと。これまでパタゴニアのアウターは何度か購入はしていますが、がしかし、レビューを読むと「普段よりもワンサイズ小さめが吉」といった声が並んでいて、戸惑いました。

今年の夏に買ったフーディニジャケットはSサイズ。サイズ表はどの製品でも共通のようですが、上記のようなレビューが多数掲載されているうえに、下にTシャツか薄手のシャツ1枚くらいしか着ないフーディニと、フリースを着た上で着用することも考慮に入れたいダウンジャケットでは求めるサイズ感が違うので、少し迷いました。

が、迷っていても分からないので「ダメだったら交換すればいいや」ということで、メンズではもっとも小さなXSサイズを注文。

着荷後、早速袖を通してみると希望していたとおりのサイズ感でした。

パタゴニア フィッツロイ ダウン フーディ

今回、ついでにトム(妻)へのクリスマスプレゼントにボーイズダウンドリフトパーカ(Boys’ Downdrift Parka)と、娘にガールズダウンパーカ(Girls’ Down Parka)も買ってみました。

Boys’ Downdrift Parka
Girls’ Down Parka

娘の冬用アウターは2年前、モンベルのダウンハスキーコートを買っていたのですが今冬やや窮屈そうだったので、新たに導入。

今年の冬は家族みんなでパタゴニアのアウターで乗り切りたいと思います!

  1. 鳥取 NEWS WEB 国交省 大雪時9号線と山陰道の同時通行止め方針を見直し
  2. ビレイ時は腰に巻いたハーネスに取り付けた確保機を操作しますので、ダウンジャケットの末端が邪魔になる可能性があり、そうならないようファスナー下部だけ開けるようになっていました。

参考記事

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください