SEATOSUMMIT AEROS PILLOW ULTRALIGHT TRAVELLERを買ってみた

Pocket

昨年、ファミリーキャンプの時にトム(妻)が使うためのピローを買った記事を書きましたが、今回もまたピローを買った話。

でも、キャンプで寝る時に使うためではなく、キャンプに向かう道中で使うためのピローです。

スポンサー広告




今回、購入したのはコチラ。SEATOSUMMIT(シートゥーサミット)のAEROS PILLOW ULTRALIGHT TRAVELLER(エアロ ピロー ウルトラライト トラベラー)です。

商品名が長いので以下、エアロピローで。

エアロピローを買った理由

家族で自動車に乗って出かけたりすると、帰り道、疲れた子どもが寝てしまうというのはよくある光景だと思います。我が家の娘は(乳児の頃から)あまり車内で寝ることがないんですが、ファミキャンなどでしっかり遊んだ後はやはり寝てしまうことも。

しかし、首がカックンカックンなるたびに目を覚ますし、首を激しく傾けた状態で寝るのが苦手らしく、眠いのに寝られないということも多々あるようで。

首だけでなく体が大きく傾いてしまうと安全性の観点からも問題あるので、トラベルピローで頭部を支えることで正しい姿勢のまま入眠できないだろうか、とこのエアロピローを導入してみたわけです。

もしダメだったとしても、旅行の時などに使えますしね。

エアロピローの特徴

まず、インフレータブル式(空気を注入し、内圧によって構造形成するもの)であるということ。

好みの張り具合に調整できますし、空気を抜けばコンパクトになるので、専用の収納ケースに入れてグローブボックスに放り込んでおくことができます。


およそ横85×奥行70×高40mmというコンパクトサイズ

また、この給気バルブがとても賢くて、口を当てて息を吹き込めば給気でき(口を離しても排気されない)、中央の青いポッチを押すと排気するので空気圧の微調整ができ、簡単に排気できるという優れもの。詳しくは、文末のYouTube動画を見ていただければと思います。


排気調整用


完全排気

(すごくいいバルブシステムなんですが、もう少しアフォーダンスなデザインだとより良かったかと。慣れたらそうでもないんですが、給気と排気を間違えたりするんですよね……僕だけ?)。

次にいいなと思ったのが、首の後ろ側にくる部分のボリュームが小さくなっていること。

実はこれまでも別のトラベルピローを試してみたことはあるんですが、首の後ろ部分が大きいために、まだ体の小さい娘が使うと頭部が前に押し出されてしまい、逆に眠りづらい体勢になってしまっていたんですよね。

それを解決するためにはシートを倒す必要があり、となるとまた安全性の観点で問題。

エアロピローはここが非常に小さく、またインフレータブルなので空気の注入量を減らすことでほとんどペタンコの状態にして使うことも可能です。

実際に使ってみた

この週末、ドライブに出かけ、帰り道に娘が寝(てくれ)たので試してみました。

上下が逆さではありますが、しっかり使って爆睡してくれました。最後はやや姿勢を崩し気味にしていたのですが、許容範囲内。

これでファミキャンでたくさん遊んで疲れても、帰りの車でぐっすり寝てもらえそうです。
.

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください