ガイラインについて考えてみた

Pocket

今日はガイラインのことを少し。

スポンサー広告




ダイニーマ リフレクティブ ガイライン

今、一番気に入っているガイラインがこちら。

ダイニーマ繊維を、反射(リフレクティブ)素材がねりこまれたポリエチレン素材で覆ったガイライン。直径は2mmとのことですが、数字よりも細く感じます。

CAMP HOUSE/ガイライン-ダイニーマ リフレクティブ ガイライン

もともとダイニーマはDMS社(アメリカ)の製品名で、高密度ポリエチレンファイバー(HDPE)が正しい名前。特徴としては、

  • 引っ張り強度が強い
  • 紫外線に強い
  • 折り曲げなどのストレスに強い
  • 瞬間的な荷重に強い
  • 熱で溶ける為に端末処理がし易い

といった感じで、かなりのツワモノのようです。
参考:コトバンク

ところが、僕がこのダイニーマ リフレクティブ ガイラインをどのように利用しているかと言うと、現在はこれ……。

AMP HOUSE/ガイライン-ダイニーマ リフレクティブ ガイライン

ペグのアクセサリー…。

リフレクティブなので夜間でも(光源があれば)見やすく、ペグの位置=ガイラインの位置が分かりやすいことや、ペグを引き抜く時にも便利で、且つ華奢なペグにも似合うのかなと。

が、上記に書いたダイニーマならではの特性を活かせてません。

本当はテントやタープに使いたいのですが、Mountain 35には高品質なガイラインが使われていますし、ルナーソロLEはナイロンテープが使用されており、タープ(Tarp 10 XP)もHILLEBEEGの純正ガイライン(3mm)がセットされているので出る幕なし。

密かに欲しいなと思っているLOCUS GEARのタープはガイラインが付属していないので、もし購入したらこのコの出番ですけどね!

ROTHCO パラコード

最近、ネットをぷらぷらしていて見かけたのがこちら、「ROTHCOパラコード」。

CAMP HOUSE/ガイライン-ROTHCO パラコード

商品の帯に「550 lb. Test, 7 Strand Core」とあります。つまり、7本の芯で550ポンド(250kg)で支えることができるとのこと。スゴイ!

250kgの荷重に耐えるというスペックは、僕のようなお気楽キャンパーには必要ないですが、なぜかハイスペックなものって、それだけで欲しくなってしまいます。

太さは4mmということで、ダイニーマ リフレクティブ ガイラインと比べてみますと、こんな感じ。2倍以上の太さを感じますね(断面積で言えば4倍になりますしね)。

CAMP HOUSE/ガイライン-ダイニーマ リフレクティブ ガイラインとROTHCO パラコードを比較

このガイラインは4mmという太さで扱いやすいので、僕のキャンプでは意外と出番が多いです。例えば、キャンプの翌朝、シュラフを干したりとか……。

CAMP HOUSE/ガイライン-ROTHCOパラコードでシュラフ干し

荷台に載せた荷物を固定したりなど、日常生活でも何かと使うことが多いので、いつも車に置いてます。

CAMP HOUSE/ガイライン-ROTHCOパラコード

ところで、ガイラインを使っていていつも思うのが、結索スキルの低さ(元消防士なのに…)。僕が使えるのが、自在結び、もやい結び、本結び、二回り二結び、巻き結び程度で、且つそれぞれの精度も低いのでいつも困っています。

これ買って、ちゃんと勉強してみるかな。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください