The North Face創業者 ダグラス・トンプキンスさんを悼む

Pocket

一週間も前になりますが、ツイッターを眺めていたら、「The North Face創業者のダグラス・トンプキンス氏が、チリでカヤック中に事故死」というニュースが流れてきました。

強風であおられて転覆し、重度の低体温症で亡くなったとのことです。

The North Faceと僕

僕がアウトドアアクティビティに積極的に取り組み始めた頃、その道具として選んでいた幾つかものがThe North Faceの製品でした。すでにダグラス・(レインフォード・)トンプキンス氏はThe North Faceの経営からは引退していましたが、環境活動家としての氏の名前は知っていました。

Slickrock(テント)

僕がThe North Face(以下、ノースフェイス)の製品を初めて使ったのは今から10年前、2005年に日本半周(東京有明〜北九州門司港〜長崎〜中国地方〜関西・信州〜東京)のソロツーリングをした時に買ったテント「Slickrock」でした。

01
写真は、柳茶屋キャンプ場でウェディングパーティを開催した時のものです

コンパクトな収納サイズで35Lのザックにも余裕で入り、且つ比較的軽量なので、当時一生懸命やっていた登山や沢登りでもかなり活躍してくれてました。当時の僕のザックには常にこのテントが入っていました。

10年使っているとさすがにいろいろなところに傷みが出てきますが、今も予備テントとしてキャンプには持参しています。

Mountain 35(テント)

Slickrockをずっと使い続けていたこともあり、僕の中に「テント=ノースフェイス」という式ができてしまっていたようです。鳥取に帰ってきて、もうひと張りテントを買おうと思った時、実は他のブランドのテントはほとんど調べることなく、これを買いました。

CAMP HOUSE/Mountain 25(テント)

Mountain 35を購入した時、僕はトムと、結婚はおろか出会ってもいなかったのですが、「いつか誰かと結婚したら、家族で日本中、いろんなところにキャンプにいこう。だからどんなところでも機能するテントを買おう」と考えていました。それで、こんなオーバースペックなテントを買ったわけです。

今のところ、家から車で15分のキャンプ場での使用がほとんどですが(笑)。

?(レインウェア)

僕が所有しているノースフェイスの製品はテントだけだと思っていましたが、この記事を書きながら、昔レインウェアを持っていたことを思い出しました。

2005年、富士登山のためにGOLDWINのファミリーセールで購入したレインウェアです。

2005年8月25日富士山本八合目にて
黄色のレインウェアを着たのが僕です

このレインウェアは結局この時しか着ず、その後イトコにあげたように記憶しています。着心地が悪かったのか、他に何か気に入らない点があったのか、なぜか全然覚えていません。

stop selling people things they don’t need.

1980年代後半、「stop selling people things they don’t need.(人々が必要としないものを売るのは止める)」と言い残し、ダグラス・トンプキンス氏はビジネス界から足を洗って、前述のとおり環境保護活動に身を投じました。
出典:The Atlantic

その時に彼が売却した事業会社の株は$125M(M=100万)とされ、当時の為替レートは現在とほぼ同じですので、単純計算で150億円となります。それだけの現金を手にしてそのセリフはないだろう、と思ってしまいますが(笑)、「本当に必要なもの以外は(なるべく)買わない」というポリシーを持つ僕にとって、この言葉は共感できるものです。

前世紀、人が経済的に豊かになって、一度は離れた自然に回帰する流れを、優れた品質とアイディアの製品でサポートすることでビジネス的に成功したダグラス・トンプキンス氏。

しかし、近代の経済活動の裏側には、自然に大きなダメージを与えてしまう誤った仕組みが存在していて、そのジレンマから環境活動家に転身したのでしょうか。

氏が巨額のお金と政治的なつながりを駆使しながら大切に保護してきた、大好きなパタゴニアの地で亡くなったことは、もちろん悲しいことではありますが、彼にとっては選べるならそうしたかった最期の地でのできごとだったのかも知れませんね。

R.I.P Douglas Tompkins.

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. 犬塚 健吾 より:

    【プレスリリース】hinata trunk!でテントの乾燥サービスを始めました!

    ◆◆ 編集部さま

    はじめまして。
    hinata trunk!というアウトドアサービスを運営しております、
    vivit株式会社の犬塚と申します。

    この度、弊社サービスにて、多くのキャンパーさんのお力になれる機能を追加いたしました。
    御社媒体は、読者の中でもキャンプ経験者が多いと思われたため、
    御社媒体の読者に有益な情報となる今回のプレスリリースをご連絡いたします。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    【プレスリリース】
    ====================
    全キャンパーに朗報!hinata trunk!、テントの乾燥サービスを開始!!

    このたびvivit株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:水谷 寿美)は、
    2016年11月9日(水)より、スマートトランクサービス「hinata trunk!」の中で、
    濡れたテント等の乾燥サービスを開始いたしましたのでお知らせいたします。

    <サービス概要>
    サービス内容:濡れたテント及びタープの乾燥
    料金:1アイテムあたり2,000円(税別)
    対象:hinata trunk!でお預かりしているテント及びタープ
    URL:https://trunk.hinata.me/maintenance_option
    ====================

    ■市場背景
    ◎乾燥サービスのニーズ
    雨に濡れたテントの乾燥に困っているキャンパーは、約60%(弊社調べ)。マンションやアパートにお住まいの方の多くは、濡れたテントを自宅で十分に乾燥させることができず、乾燥させるためだけに別日で近くの公園まで行く方もいらっしゃいます。また、一軒家住まいでも、キャンプ後に天日干しすること自体、面倒に感じていらっしゃる方もいらっしゃいます。
    また、上記に加えて、近年のアウトドアブームによってキャンプを始めたばかりの初心者キャンパーは、そもそも乾燥が必要なことを知らない、自分に合った乾燥方法を見つけられていない、などの問題を抱えており、乾燥サービスのニーズは、年々高まってきています。

    ◎乾燥サービスの提供状況
    現状、乾燥サービスを提供している業者はいくつかありますが、①特定ブランドのみの取扱、②店舗への持参が必須、③割高な価格であることから、利用者が制限されていました。

    ■サービス概要
    市場背景を踏まえ、スマートトランクサービス「hinata trunk!」でお預かりしているアイテムを対象に、2,000円(税別)というお手頃価格で濡れたテントの乾燥を代行します。

    特定ブランドの縛りなく、全国からの配送を受け入れ、他社と比べてもリーズナブルな値段でサービスを提供いたします。
    詳しくはこちら:https://trunk.hinata.me/maintenance_option

    ■hinata trunk!とは?
    hinata trunk!は、かさばるキャンプ用品を、倉庫に保管しておき、キャンプなど使いたい時に、倉庫から現地まで直接配送するスマートトランクサービスです。
    箱単位で荷物をお預かりし、1箱あたりの保管料は月額980円(税別)/月。その他、取り出し時の往復送料1,500円(税別)/箱。
    詳しくはこちら:https://trunk.hinata.me/

    ■クラウドファンディングのお知らせ
    〜【テントの乾燥サービス】hinata trunk!で、もっとキャンプをラクに!〜
    https://camp-fire.jp/projects/view/13162

    現在、クラウドファンディングという募金システムにて、
    テントの乾燥サービスの支援金を募っています。

    そして、今回支援してくださった方に限っては、
    hinata trunk!に預け入れていないアイテムも無料でサービスを実施いたします。
    例えば、hinata trunk!にそもそも預け入れができない大型の2ルームテントも、
    クラウドファンディングにご支援いただいた方に限り、ご対応いたします。

    クラウドファンディングは、3,000円の少額から支援可能ですので、
    お試しで一度使ってもらう、ということも可能です。
    詳しくはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/13162

    ■その他、hinata trunk!で利用できるサービス
    ◎レンタルサービス
    hinata編集部厳選のおしゃれなテントを、お試しで利用することができます。
    詳しくはこちら:https://trunk.hinata.me/rental

    ◎クリーニングサービス
    長期保管する前に大切なギアをきれいにして、カビや雑菌の発生を抑えることができます。
    詳しくはこちら:https://trunk.hinata.me/maintenance_option

    ◎タイムズカーレンタル店舗への配送、割引サービス
    レンタカーのトランクにあらかじめ荷物を積み込んでおくので、出発がスムーズ。
    帰宅時も、荷物は車に詰め込んだままでOKです。同時にレンタカー割引キャンペーンも実施中。
    詳しくはこちら:https://trunk.hinata.me/campaign/timescar

    hinata trunk!の対応キャンプ場は、全国250箇所以上!
    対応キャンプ場には、倉庫からキャンプ場まで直接配送ができるので、
    車への荷積み荷降ろしは不要です。
    登録はこちらから:https://trunk.hinata.me/

    何卒よろしくお願いいたします。

    犬塚

  2. 犬塚 健吾 より:

    CAMP HOUSE編集部さま
    先程は、お名前部分のみ編集ができておらず、失礼致しました。
    大変恐縮なお願いとなりますが、何卒よろしくお願いいたします。

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください