モンベル アルパイン ダウンハガー800 #0を買ってみた

シュラフを調べてみた」という記事を書いてから半年が経ってしまいました。

「今年の冬はキャンプできなさそうだし、シュラフを買うのは来年でいいかな〜」と考えていたんですが、とある事情で今、自宅でも「コット×シュラフ」の組み合わせで寝ておりまして……最近、かなり寒くなってきたのでシュラフ2枚重ねという情けないスタイルで寝ているわけです。

スポンサー広告




そうこうしているうちに、1泊だけキャンプに行かれることになり、年内にキャンプ納めできることになりました。となると当然、冬用のシュラフも買わなければいけません。もうこんなダサ過ぎる寝床で寝るわけにいきませんから…

というわけで、「mont-bell アルパイン ダウンハガー 800 #0」を買ってみました。最終的な決め手は、やはり、僕の(とんでもない)寝相の悪さを吸収してくれる「スパイラルストレッチ™システム」です。

CAMP HOUSE/mont-bell  アルパイン ダウンハガー800 #0

これで、ようやく、冬キャンプにおける就寝環境が整ったことになります。

mont-bell アルパイン ダウンハガー800 #0

一応、スペックを整理しておきます。

型番 1121788
使用可能温度 コンフォート:-7度、リミット:-14度
ダウンの品質 800FP グースダウン
ダウンの量 – – –
表面の生地 10dn バリスティック® エアライト
使用時のサイズ 適応身長/185cm、肩幅/76cm
収納時のサイズ φ19×38cm(8.6L)
重量 1,260g
価格 47,520円

届いた時、すごく細長い箱に入っていたので「もしかして商品間違ってる?(汗)」と。開けてみるととても収納サイズの高さ38cmとは思えない、細長い物体が。でも、届いたのは間違いなくmont-bell アルパイン ダウンハガー800 #0でした(一度出してから再度スタッフバッグに入れたら、だいたいスペック表にある数字くらいになりました)。出荷時はあまり圧縮してないんですね。

CAMP HOUSE/mont-bell  アルパイン ダウンハガー800 #0

写真は取り出して入れ直した時のもの。となりに置いてあるのは同ブランドの#4。大きさが全然違いますね…。ちなみに今、#4という製品は売ってないようです。ホテルやアパートの部屋番号に4がないのと同じ理由なんでしょうか?

まずは家で使ってみた

スタッフバッグから取り出して、HelinoxのCot Oneの上に置いてみます。今まで使っていた#4よりも、顔を出す箇所が明らかに狭く作ってありますね。

CAMP HOUSE/mont-bell  アルパイン ダウンハガー800 #0

内部を見ると、ヒダのようなものがあります。

CAMP HOUSE/mont-bell  アルパイン ダウンハガー800 #0

これは首部分から冷気が入るのを防ぐためのカラーで、ドローコードも。この写真では分かりませんが、同じ目的でジッパー部分にもダウンの入ったチューブが付いています。

さすがは寒冷地使用のシュラフ。冷気の侵入と内部の暖気漏れ対策がしっかりされてますね。

届いた夜、早速これで寝てみました。

室温は15度前後。(シュラフにはやや不似合いの)一般的な冬用のパジャマで寝ましたが、夜中、暑くて目が覚めました。当たり前ですが、#4とは比べものにならない暖かさですね。

適応身長は185cmなので、身長168cmの僕では足元に空間が大きく余ってしまうのですが、スースーするという感じはありませんでした。

冬キャンプで使ってみた

実際のキャンプで使ってみました。当日夕方のコンディションは曇り時々雨、最低気温は3度。

テント(The North Face Mountain 35)に、Helinox Cot Oneを置き、その上にエーデルワイスのマット、そしてシュラフです(ちなみにHelinox Cot Oneの上に直接シュラフだとつるつると滑ってしまうので、間にマットを挟むのがベターだと思います)

CAMP HOUSE/mont-bell  アルパイン ダウンハガー800 #0

就寝時の服装は上下ともサーマル素材、長袖Tシャツとズボン下です。

12時頃に就寝して、6時半頃に明るくなってきて目が覚めるまで、寒さなどで目を覚ますことなく熟睡! これまでのキャンプでもっともしっかり眠れたかも知れません。

やはりシュラフは、キャンプでの睡眠の品質に大きな影響を与えますね。

いや〜、来年実施予定の雪上キャンプが俄然楽しみになってきました!

Pocket

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください