CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブル M-3713を買ってみた

Pocket

先日、ソロキャンプ、その中でも雪中キャンプには欠かせない個人用のローテーブルについて検討しました。

検討の末、「CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブル M-3713」を購入。

まあ、超がつくくらいのベストセラーアイテムですから、相当な今さら感はありますが……(笑)

実は最後まで、候補に挙げていたSOTOのテーブルと悩んでいたんですが、主に以下3点を理由にコチラに決定しました。簡単に紹介します。

スポンサー広告




1.実に手頃な価格

実売価格1500円前後という実に手頃な価格。でありながら、実際手にしてみるとかなりしっかりしたつくりで、展開(組立て)方法も折り畳み方も直感的に理解できて簡単。

安かろう悪かろうでは意味がありませんが、安くて且つしっかりしたモノというのは素晴らしい。ベストセラーなのも納得です。

2.天板の広さと収納サイズ

これまでソロ用のテーブルを使っていなかった僕が今回購入を検討した理由は、雪中キャンプ時にテントの中で朝食をつくる時に必要だと感じたから。

去年はユニフレームのフィールドラックを使いましたが、今年はバックパックに荷物をまとめて山を登ったりすることになりそうなので、フィールドラックでは具合が悪い。

求めたスペックのうち特に重要なのは、1.調理や食事に十分な広さ、2.コンパクトに収納できる、の2点。

いくつかの候補製品を比較して検討した結果、「CAPTAIN STAG アルミ ロールテーブル M-3713」が群を抜いて僕のニーズを満たしていました。

CAPTAIN STAGのローテーブルはB4サイズ以上(40×29センチ)と十分な広さがあるので、ストーブを同時に2つ使って、米を炊いたりお湯を沸かして味噌汁を入れたりコーヒーを淹れたり、上げ下ろしなくテーブルの上を片付けずに食事したりと、ゆったりズボラに使えそうです。

アルミなので、雪中キャンプで使うと、天板がめっちゃ冷たそうですが!

3.マシューの給餌皿置きに

これはオマケみたいなものですが。

マシューがごはんを食べる時のお皿を置く台を探していたので、ちょうどよさそうだなと。

ラジオか何かで聞いたのですが、首を下げる姿勢は犬にとって結構な負担になるらしく(でも、食事の時だけでなく、散歩中のニオイとりなんかではずっと地面に鼻をこすりつけるようにして歩きますよね、犬って。本当なのかな??)、できるだけ首と背骨が一直線になるような高さに皿を置いてやるのがいいそうです。


いちおう首と背中が一直線になってます

食事中、マシューはかなり激しくガッツくので、軽さを追求した製品よりもこれくらい重さがあって安定感のあるテーブルの方が安心して使えるんじゃないかなと思ったんですよね。多分、正解だったと思います。

少し話が飛びますが、aw家では、このようにキャンプ道具を家具や日用品として使っています。


台所で、ユニフレームのフィールドラックを小物置きに使っています(右下)

我が家の場合、ファミリーキャンプは年に4〜5回ほど。僕のソロキャンプを足しても年に10回ほどしかキャンプしません。つまりキャンプ道具たちは残り355日くらいは使われてないってことで、貧乏性の僕としてはもったいなく感じてしまい。

というわけで、CAPTAIN STAGのローテーブルも1年365日、フル回転で活躍してもらうことになりそうです。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. タカフジダイスケ より:

    お~。買ったんだ~^^
    俺、多分自分のキャンプ道具の中で1番使ってるかもしれない。
    地べたにモノを置きたくない時って意外と多くて、割とどこへ行く時もいつも持って行くアイテムだな。おまけに最強コスパ。こ

    • aw より:

      そそ、結局このタフなモデルにしてみたよ。来週末の山中キャンプで使うのが今から楽しみ~。

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください