ソロロ ポータブルペレットストーブを使ってみた

Pocket

先日のキャンプで友人が調理に使用していた少し変わったかたちのストーブが面白そうだったので、今回借りてみました。

スポンサー広告




木質ペレットを燃料として使用する、分解可能なストーブ。その名も「ソロロ(ソロ炉) ポータブルペレットストーブ」です。

ソロロ ポータブルペレットストーブ

サイズ 高さ63×奥行き40×幅10cm
重量 約2.5kg
材質 スチール(鉄)
燃料消費量 約1kg/時間
価格 29,800円(税込)

左側の背の低い煙突状の部分に木質ペレットを投入して着火すると、その熱でドラフト(上昇気流)が発生して右側の背の高い煙突から煙が排出されます。その空気の流れで両煙突間のストーブ本体も熱されて調理が可能になると同時に、暖房器具としての利用もできるというわけです。

以下で詳しく見ていきます。

ソロロ ポータブルペレットストーブの使い方

木質ペレットを投入口にセットします。

ソロロ ポータブルペレットストーブ

近年、住宅の暖房器具として薪ストーブが人気ですが、この木質ペレットを燃料としたペレットストーブも人気が高まっているみたいですね。

ペレットストーブは、薪ストーブに比べて燃料となる木質ペレットが安価で入手しやすく保管も楽、煙が少なく、また本体価格が安いため初期費用も低め、といった点が支持されている理由だとか(*1)。

木質ペレットは、間伐材や林地残材、工場の廃・端材、のこ屑などが原料。要するにゴミ扱いされていたものですね。こうした点も環境に配慮する方に支持されるポイントのようです。

さて、使い方の続きですが、投入した木質ペレットに投入口の下部に設置されている吸気口側からトーチなどで着火します。

ソロロ ポータブルペレットストーブ

ここでしっかり燃やしておかないと消えてしまうこともあるので、見えている木質ペレットが完全に燃えるくらいまでしっかり燃やしてやります。

ある程度、木質ペレットが燃えてくれば、ソロロ内部で生じたドラフトによって外部から吸気口に自然と空気が流入するので、燃焼が安定します。

ソロロ ポータブルペレットストーブ

吸気口を風上に向けたり、開口具合を調整することで流入する空気の量を調整します。開き過ぎると炭化した木質ペレットが地面に落ちてしまうので注意が必要です。

しっかり燃焼しはじめると、本体上部に開いているのぞき窓から炎が煙突側に向かって伸びている様子が見えます。

ソロロ ポータブルペレットストーブ
のぞき窓に雲母(うんも)が被せられており、炎が飛び出してくることはありません

燃焼の様子を動画に撮りましたのでご覧ください。

動画内では煙突から透明に近い煙がちょろちょろと出ているくらいですが、燃焼が進むと炎が顔を出してきます。

こののぞき窓がある部分にクッカーや鍋、スキレットを置いて調理することができます。

ソロロ ポータブルペレットストーブ

ソロロ ポータブルペレットストーブ

使ったあとは、以下のように分解できるのでコンパクトにして持ち運びできます。2.5kgと軽いのもポイント。

ソロロ ポータブルペレットストーブ
ただし、各パーツを重ねて収納することはできません

感想・まとめ

僕個人のソロロの使用感についてまとめると、以下のような感じでしょうか。

  • 良いところ
    • 燃料(木質ペレット)が安価、保管も楽で場所を取らない
    • 着火・鎮火のタイミング調整が楽
    • 分解してコンパクトになるので、持ち運び時や収納に場所をとらない
    • 調理、暖房に十分な熱量、暖かさ
  • 悪いところ
    • 燃料を頻繁に補給する必要がある
    • 調理スペースが狭小

少し補足します。

良いところにある「着火・鎮火のタイミング調整が楽」ですが、木質ペレットは一つひとつが小さいので、すぐ燃焼してすぐ灰になります。投入口に入れられる木質ペレットがそれほど多くなく(これが「悪いところ」の頻繁な補給を要する理由です)、ぼんやりしていると火が弱くなってしまいます。

しかしこれは逆に考えれば、消したいと思ったらすぐに消せる(消える)ということ。燃料が薪ならなかなかこうはいかず、完全に鎮火するまでにしばらく待つか、水をかけて消火するしかありません。

使うのに慣れてくれば、撤収時間から逆算してギリギリまで遊べる、使えるというのは長所かなと思いますね。

また、「調理スペースが狭小」ですが、ソロロはその名前のとおりソロで使うアイテム。調理器具を載せる部分の幅が15センチと狭小で(しかも両端に突起物があるので拡張不可)、使える調理器具が限定されてしまいますが、ここは「まあソロだからね」といったところですかね。

基本的に分解して運搬・収納するアイテムなので、専用のスタッフバッグがあるとよりイイのかなと思います。

うん、ソロロ、なかなか楽しいアイテムなんじゃないですかね〜!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソロロ ポータブルペレットストーブ
価格:29800円(税込、送料無料) (2021/11/24時点)

*1 さらに構造上煙突が短くて済むので、設置条件が緩和される傾向があります。一方、多くの製品はファンを回して着火したり燃料補給するため電気が必要で、停電時などでも使える薪ストーブと違って、停電時は使えなくなるなどやはり一長一短がありますね。
木質ペレットについての参考記事:
日本木質ペレット協会 「木材利用の中での木質ペレット

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください