Coleman コンパクトフォールディングチェアを買ってみた

Pocket

先日、かな〜り久しぶりにキャンプ用のチェアを買いました。「Coleman コンパクトフォールディングチェア」です。

2年ほど前にキャンプ用の椅子を検討した記事を書いたのですが、そこでは取り上げていません。

当時の僕は、意識的にColemanというブランドを避けていたからです。

スポンサー広告




なぜColemanを避けていたのか

まあ、たわいもない理由ですね。

要するに、Colemanなんてキャンプ初心者が何も考えずに選ぶメーカーだ、そんなメーカーの製品なんてダサいって思ってたわけです。

やっぱり椅子はKermitとかBlue Ridge Chair Works、Helinoxとか、そういうのじゃなきゃね!

……そう考えていた自分が最もダサいわけですが。

近年、これまであまりキャンプをしてこなかった友人たちと一緒にファミリーキャンプを楽しむようになり、彼らの道具はそれこそ名もなきブランドだったり、ホームセンターで売っているような製品だったりするんですが、その場その時間を楽しむことに何の支障もないし、それどころか、使わせてもらったりすると自分のものよりも使い勝手、使い心地が良かったりするわけです。

それに、僕がキャンプ道具を吟味、選定することに時間をかけるのは、(それ自体が楽しいってこともありますが)、キャンプの時間を最大限楽しいものにするためであって、

いいもの持ってますねぇ。それ、有名ブランドのものですよねぇ。

そういうコメントや評価が欲しくてキャンプの道具を選んでいるわけじゃないはずだと。

キャンプという、自由を楽しむアクティビティのための道具選びを、すごく狭い視野で、不自由な世界でやっていたのだなあと思い知らされまして。

ちなみに、下の写真は7年前(2012年)の自分のキャンプスタイル。

.
あり合わせのものばかりですが、毎週のように一人で近所のキャンプ場に繰り出しては、キャンプそのものを純粋に楽しんでましたね。

なぜColeman コンパクトフォールディングチェアを選んだのか

最大の理由は、脚の形状。

形状的には4本脚ではあるものの地面に接する面が大きいので、雪中キャンプ時に活躍してくれるのでは、つまり雪に埋もれにくいのではないかと。

この点については、雪中キャンプで実際に使ってからしっかり評価したいと思っています。

あとは、幼い子どもでも座りやすそうな安定感のある形状(実際に娘は、毎日これに座って「ゲゲゲの鬼太郎」を観ている)、先日買ったテントと色味が合う、軽い、折り畳んでコンパクトになる、価格が実に手頃といった点に惹かれましたね。

最後の「価格」は本当に手頃だし、カラーバリエーションも豊富なので、家族3人分揃えてもいいかなーと思っているところです。

.

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

2件のフィードバック

  1. タカフジダイスケ より:

    コールマンに限らず、俺もほんとにそう思う。キャプテンスタッグやサウスフィールドも同じ事が言えるもんな。これだけブームになると安くても良いものが増えてありがたい。しかし、そのコールマンのチェアはカーミットチェアのアルミ版だな。

    • aw より:

      タカフジダイスケ、コメントありがとう!

      そうなんよね。ブランドの名前に惑わされず、いいものはいいと自分で評価、判断できる大人のキャンパーになりたいね。

      そう、このチェアはぱっと見の形状はカーミットにそっくりだよ。記事にも書いたように、脚のかたちが違うので雪中や、海岸でのキャンプに使いやすいかなーと思って買ってみたよ 🙂

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください