脚立を調べてみた

Pocket

娘が成長してキャンプを楽しめるようになってきたこと、就寝アイテムがそろって多少肌寒い季節でも暖かく眠れるようになったことで、ファミキャンの回数が少しずつ多くなってきました(とはいえ、今年まだ2回ですが)。

ファミキャンは荷物が多いので、ルーフボックスが必須。となると、ルーフボックスに荷物を揚げ降ろしするための脚立も必須です。

スポンサー広告




が、しかし、今僕が使っている脚立はこちら(左側)。

あまりにダサい……。自宅の修繕等、かなり出番が多いこともあってなかなかの汚れ+くたびれ具合。

荷物を出し入れするためだけなら最悪コレでもいいんですが、意外とこんな使い方もしておりまして。

食事時にテーブルを照らすには高さもちょうど良く、テーブルとテーブルの間に置けば子どもがぶつかったりする危険性も低いなど思った以上に便利なので、どうせならイイ感じの脚立にしたいな〜と思い、調べてみることにしました。

現在つかっている脚立の高さは60センチなので、似た高さのものを探してみようと思います。

IKEA ベクヴェーム 踏み台3段 ビーチ

aw家が自宅で使っている脚立は4つほどありますが、うち2つはIKEAの木製脚立。2段のタイプは折りたたみできないので、3段について検討してみます。

IKEA ベクヴェーム 踏み台3段 ビーチ
画像出典:IKEA

サイズ 使用時:幅/44cm 奥行/50cm 高さ/63cm、
収納時:幅/44cm 奥行/20cm 高さ/63cm、
天板/20cm×37cm
重量 4.5kg
耐荷重 最大100kg 材質 ビーチ無垢材

高さもぴったりですし、やや重めですが持ち運べないほどではない。何より無垢の木材なので、キャンプでウッドテーブルの脇に設置してランタンを置いても違和感なさそう。

気になるのは、キャンプで使うとなると濡れた泥まみれの長靴で踏むこともあるし、濡れた地面の上に長時間置いておくこともあるということ。

金属なら汚れたら水洗いすればいいし、濡れた地面に置いても影響はありませんが、無垢の木の場合は汚れや水が染み込んで落ちづらくなるはずです。

オイルを塗布して、使用後に丁寧にメンテナンスしてやれば大丈夫なのかなぁ……。ものは試しに次にIKEAに行ったら、一脚買っておきましょう。

MICHIGAN LADDER ウッドステップラダー

さて、僕の中で脚立と言えば、以前買った雑誌「傑作ツール図鑑」に載っていたこちらの製品。

サイズ 使用時:幅/43.5cm 奥行/44cm 高さ/58cm、収納時:幅/43.5cm 奥行/13.5cm 高さ/65cm 重量 約3.5kg
耐荷重 約90kg 材質 イエローパイン材

ただの脚立なのにカッコいいですよね〜。

ただね、価格がかなり張るので、キャンプでラフに使うなんてことが貧乏性の僕に果たしてできるのかどうか(笑)。

また、木製で無塗装仕上げなので、前出のIKEAの踏み台と同じ懸念点があります。

アルミ木目調脚立 2段 DAT-AWN2

二つ木製の脚立が続きました。見た目はいいんですが、実用性にやや不安が……。ということで、金属製なんだけど「木目調」、という脚立をチェックしてみたいと思います。

アルミ木目調脚立 2段 DAT-AWN2
画像出典:yahoo shopping

サイズ 使用時:奥行き/47cm 幅/41cm 高さ/55cm、折畳時:奥行き/16cm 幅/41cm 高さ/60cm 重量 1.84kg
耐荷重 100kg 材質 アルミニウム、ABS樹脂、ポリプロピレン

パッと見は木に見えますよね! サイズ(高さ)、重量、耐荷重などスペックも問題なし、インスタ映えもOK(笑)。

接続部分のプラスチックパーツがちょっと気になりますが。

ウッディースリムステップ 3 811000518

木目調の金属製の脚立、もう一つ見ておきたいと思います。最上部に天板のないタイプの脚立。

ウッディースリムステップ 3 811000518

サイズ 使用時:幅/39cm 奥行/50cm 高さ/65cm 重量 3kg
耐荷重 – – – 材質 ステップ・フレーム:アルミ、ロッド・プレート・ネジ:スチール、樹脂部品:ABS・塩化ビニル樹脂

脚立検討の第一の目的は、車のルーフボックスへの荷物の揚げ降ろし。当然、大きな荷物、重い荷物もありますので、この製品のようにステップが大きく作られているのは嬉しいですね。

製品的には、脚立兼ちょっとした物置き、みたいな感じでインテリアとしても使えますよ的位置付けのようなのですが、であれば当然キャンプでも同じように使えるわけでして。ふつうの脚立なら最上段(天板)にしか物が置けませんが、これなら一段目と二段目の二か所に置くことができますね。

ちなみに、脚立をいろいろ見ていて、最上部に天板のあるタイプと、この製品のように最上部に天板のないタイプの二つがあることに気がつきました。

最上部に天板のないタイプは、折りたたんだ時に厚みが抑えられること、ステップを大きく(奥行きを持たせることが)できるのが利点のように思えます。

そもそも脚立は天板に乗っての作業は危険なため厳禁とのこと(*)。最上部にステップがないことで、リスクを軽減してるとも解釈できるのでしょうか。

アルインコ スタイリッシュ薄型踏台 2段 SS52B

同じく、最上部に天板のないタイプの脚立をもう一つ。

アルインコ スタイリッシュ薄型踏台 2段 SS52B

サイズ 使用時:幅/47.7cm 奥行/51.7cm 高さ/77cm 重量 4kg
耐荷重 100kg 材質 アルミ

先ほどの製品と何が違うかと言えば、木目調ではない、ってところくらいですかね(笑)。ただし、値段は倍くらいします。

TRUSCO アルミ製踏台 2段 TSAF-2-BK

ザ・脚立、という感じの脚立。

TRUSCO アルミ製踏台 2段 TSAF-2-BK

サイズ 使用時:高さ/57cm、天板/37cm×19.2cm 重量 2.6kg
耐荷重 130kg 材質 アルミ

どっしりとした安定感のあるシルエット、実にシンプルなデザイン、随所に施された補強。ん〜、好みです。

スロウワー フォールディングスツール レズモ

さて、最後は毛色の違うタイプのものを一つ。

スロウワー フォールディングスツール レズモ

サイズ 使用時:高さ/40cm 縦/33cm 横/39cm、折畳時:高さ/54cm 横/39cm 厚み/4.5cm 重量 1.6kg
耐荷重 最大150kg 材質 ポリプロピレン(PP)、炭酸カルシウム、サーモ プラスチックラバー(TPR)
その他 dddddd

かなり、イイ感じですね。

汚れても丸洗いOK、畳めば5センチにも満たない厚さになるし、重量も1.6kgと非常に軽い。なのに最大荷重は150kgと堅牢。値段もかなり手頃です。

ただ、高さが40センチなんですよねぇ。名前のとおり、この製品は脚立ではなくスツールだから、まあ仕方ないわけなんですが。

これまで見てきた脚立の中でも最大値の耐荷重150kgを誇る、スロウワー フォールディングスツール レズモ。他のアルミ製のゴツい脚立でも130kgなのに、重さ1.8kgのプラスチックぺらぺらのこのスツールの方がスペックでは上回るとは。いやはや驚きですねぇ。

.

ということで、キャンプで使いたい脚立をラインアップしてみました。次のファミキャンまでには脚立を新調しておきたい!

* 天板に乗っての作業は禁止 コラム「R191」脚立の天板作業は「絶対禁止」なのか?

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください