アプリコット・クリームチーズ・サンドイッチ

Pocket

今が旬のあんずを妹からもらったので、あんずジャム(以下、アプリコットジャム)をつくりました。

ふつうにトーストした食パンに塗って食べても美味しいのですが、今回はデザートにも軽食にも良さげな、アプリコット・クリームチーズ・サンドイッチをつくってみました。

スポンサー広告




アプリコットジャムをつくる

まず主役となるアプリコットジャムをつくります。

ジャムのつくり方はいたって簡単。

あんずをしっかり洗い、真っ二つに切って種を取り出し、軽く刻んで鍋に入れます。投入したあんずの重さの40〜50%(*)の量の砂糖とレモン汁を加え、しばらく時間を置き、あんずから水分が滲み出てきたら弱火でとろとろになるまで混ぜながら煮込むだけ。

レモン汁は好みに応じて量を決めてみてください。ちなみに僕は、あんず220g、砂糖100g、レモン汁 大さじ2/3くらいのバランスで材料を配合しました。酸味がやや強めの仕上がりになります。

ジャムは食料品店などでも手に入りますが、手づくりすると好みの味に仕上げれるのがいいですよね。

アプリコット・クリームチーズ・サンドイッチ

アプリコットジャムができたら、いよいよサンドイッチづくり開始です。

材料は、食パン、アプリコットジャム、クリームチーズ、ハム、ブラックペッパーとシンプル。

まず、食パンをトーストし、一方にアプリコットジャム、一方にクリームチーズをたっぷりと塗ります。

クリームチーズにブラックペッパーを振り、ハムを載せて、

2枚の食パンを合わせれば、アプリコット・クリームチーズサンドイッチの完成!

めちゃ簡単ですよね。

そしてなんと言っても、美味しい。

アプリコットジャムの酸味と甘み、濃厚なクリームチーズの存在感と後味を引き締めるハムの塩気……、これを気に入らない人、美味しいと思わない人って、まず存在しないんじゃないかって思うくらいメチャ美味いです。

材料さえあれば簡単につくれますし、ホットサンドにしても美味しい(はず)なので、キャンプめしにもピッタリかと。

いや〜、次に食べるのが今から楽しみ!

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください