土地についての新たな方向性の終焉

Pocket

先日、こんな記事を書きました。

03

土地についての新たな方向性このブログを始めたきっかけは、自分の家「キャンプハウス」を建てるその記録を残したい、ということでした。しかし、ココ!と思って…


一度は諦めざるをえなくなった、キャンプハウスを建てるのに理想的な祖父母所有の土地。彼らが小屋を建て、畑や果樹園として使用している部分ではなく、そこに隣接する雑木林……かつて彼らの住居のあった土地……を開墾して宅地として使用できないか?

という可能性を模索する(その有無にかかわらず妄想を広げる)ことを高らかに宣言した記事だったのですが、早くも終焉を迎えることになりました。

なぜなら、そこは祖父母が所有する土地ではなく、借りていた土地であることが判明したからです。妄想膨らませる前に、それくらい抑えておけヨって話ではありますが……。

キャンプハウス計画の土地、なかなか定まりません(涙)。

スポンサー広告




aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください