初めての土地探し

Pocket

もう辺りは暗くなっていたけれど、初めての打ち合わせのあと、売りに出ていた土地を一つだけ見てみることに。

これまでも旅行なんかで国内外問わずいろいろな街に行ったし、東京に暮らしている時は何度か引越しを経験しましたが、よく考えてみると、「買う」という目的でどこかを訪れるという経験をしたことがない。そのせいか、少し高揚している自分がいました。

僕たちが見に行った住宅地は、海にとても近く、新しい(と言っても造成されてから四半世紀くらいは経っている)住宅街。なぜその売地に興味を持ったのかと言うと、

  • トム(妻)の職場に近いから
  • 坪単価が3万円前後ととても安かった

といった理由でした。

その住宅街は、できて20年ほどと若いこともあり、建っている家は比較的新しく、ほぼ全ての区画が埋まっていました。小さな子どものいる家も多いようで、小さな自転車や遊び道具などが家の前に置いてあります。

しかし、直感的に「ここはないな」と感じました。それをトムに伝えると、彼女も同意。通勤を考えた立地は大切な条件だし、土地も安いに越したことはない。けれども「ここだ!ここに家を建てて住みたい!」とは、なぜか、全然思えなかったのです。

この先「ここに住みたい!」と思える土地に、僕たちは出会うことができるんだろうか。みんな「ここに住みたい!」とビビビッと来て土地を購入しているんだろうか? そんな疑問を胸に抱きながら帰路についたわけです。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください