バジルとプロシュットのサンドイッチ

Pocket

庭の石窯でピザを焼いた時に買ったジェノベーゼソースに、おまけとして付いていたバジルの種。その種が発芽し、庭に移植したらすくすくと育ってくれました(極小のバッタに食われて枯れかけるなど、かなり苦戦した時期もありましたが)。

スポンサー広告




今日はこれを使ってサンドイッチをつくってみます。

バジルとプロシュットのサンドイッチ

材料: 食パン(2枚)、プロシュット(4〜5枚)、ソーセージ、トマト、モツァレラチーズ、バジルペースト(バジル/細かく刻んだ状態で大さじ2、ピーナッツ/5〜6粒、パルメザンチーズ/大さじ3、エクストラバージンオリーブオイル/大さじ3、レモン果汁/小さじ1、岩塩/適量、ピンクペッパー(ホール)/3〜4粒)

まず、バジルペーストをつくります。今回は上記の材料と量でつくりましたが、このブレンド具合はもはや好みです。

僕はすり鉢でつくったので、バジルは包丁で細かく刻んでから、ピーナッツとピンクペッパーはつぶしてからひたすらゴリゴリとすり混ぜます。

ペーストができたら、食パンの一方にたっぷりと。


ちょっとバジルが多かったですかね(汗)

その上にスライスしたモツァレラチーズとトマトを、

さらにその上に、ソーセージとプロシュットをこんもりと乗せて、

ベビーリーフを押さえるようにもう一枚の食パンで蓋をして完成。

フレッシュバジルの爽やかな香りとプロシュットの旨味が、心もお腹も満たす逸品です。

バジルペーストにニンニクを加えるなどしてアレンジすると、また違った印象の味わいになりそう。

プロシュットだけでも十分だと思いますが、今回はソーセージも加えて肉っぽさを増してみました。サラミなんかでも美味しいんじゃないでしょうか。

手軽につくれるし本当に美味しいので、庭のバジルがまた葉をつけたらやってみたいと思います。でも、もうそろそろ花芽が出てきそうなので、採種して、また来年ですかねぇ。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください