CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

T町ハウスに引っ越して庭ができたので、日曜日の昼下がり、子どもが昼寝している時間を利用して、以前から汚れが気になっていたCAMP MANIAのテーブルをクリーンアップすることにしました。

スポンサー広告




ビフォー

家族でのBBQでかなり出番の多かったCAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE。コーティングしていない無垢の状態のものを購入したので、BBQ時に飛び散った油やテーブル上に落ちた食材、炭の汚れがかなり濃厚に残ってしまっています。

このとおり、SOTO デュアルグリルの円形の跡も中央部にしっかりと。

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

近くで見ると、より汚れが目立ちます。

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

これでは、ここで食事しようという気になりませんよね(涙)。

そこで、クリーンアップして汚れを落とし、且つオイルコーティングすることにしました。

クリーンアップと言っても、やることは単純で、単に紙やすり(ペーパー)で擦るだけ!

100番程度のやや粗めのペーパーで目立つ汚れを落とし、200番前後で全体の汚れを落としつつ表面を整えていきます。

本来ならより400番前後の細かいペーパーで仕上げたかったのですが、手元にあるものが60〜200程度のものしかなかったため、200番での仕上げとなりました。

アフター

ペーパーをかけてすっかり綺麗になったCAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE。

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

目立った汚れはだいたい落とすことができました。

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

よーく見ると細かな汚れは残っていますが、使ったあとの「味」と言える程度のものだったので、磨きはこの辺で終了。

次はオイルフィニッシュです。

えごま油でフィニッシュ!

今回、オイルフィニッシュに使用した油は、食用のえごま油

木製家具専用のオイルもありますが、一般家庭の家具のメンテナンスであれば、えごま油で全く問題ありません。えごま油は「乾性油」(*)に属す油で、オイルフィニッシュに向いているのです。一般のスーパーで売っていて、入手も簡単ですしね。

ウエスや捨ててもよいタオルなどにえごま油をしっかりと染み込ませて、伸ばすようになじませるように、丁寧に塗っていきます。

ひと通り塗れたら、乾いたウエスやタオルなどで表面をしっかり拭いて、余計な油分を取り除きます。

あとは一晩放置して、乾かすだけ。

で、完成!

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

えごま油のおかげで、木目をきれいに見せつつしっとりとした雰囲気に仕上がりました。

CAMP MANIA INOUTDOOR LIVING TABLE(L)をメンテナンスしてみた

これで、今年の夏もこのテーブルでたくさん外でBBQ楽しめそうです!

ペーパーとえごま油という手に入りやすい材料で簡単にクリーンアップできますので、木製家具の汚れでお困りの方はぜひお試しください!

* 逆にオイルフィニッシュに向かない油としては、「半乾性油」(例:ごま油)や「不乾性油」(例:オリーブ油)などがあります。

Pocket

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です