蔦の絡まる家にしたい(3)

Pocket

昨年、ツタをもらってきて育てているという記事を書き、12月までその順調な成長っぷりを写真で更新していましたが、雪がチラつきはじめるとさすがに成長を止めていたフォスター氏(ツタの名前です。由来はこちら)。

スポンサー広告




昨年12月のフォスター氏の様子はこちら。

CAMP HOUSE/アイビー、春の爆発

3月頃まで上の写真のような状態で止まっていたのですが、春になって急激に新しい葉を吹き始めました。

下の写真は、2016年4月14日現在の様子。

CAMP HOUSE/アイビー、春の爆発

ちょっと薄い緑色の葉は、この春に芽吹いた新しい葉です。今もぐんぐん成長中で、毎朝新しい芽や葉を見ることができます。

我が家の、陽の当たらない裏庭にあるラティスは全長7メートル近く。

CAMP HOUSE/アイビー、春の爆発

フォスター氏がラティスを全制覇する前に、ここを出て、キャンプハウスを建てたいものです。

<2016年6月7日更新>

01

淡い緑色をしていた葉が、しっかりとした濃い緑色に変わってきました。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください