冬のソロキャンめしに「アルミ鍋うどん」

みなさんは、ソロキャンプの時、どんな食事をとっていますか?

最近のキャンプ(晩秋キャンプBarbourキャンプ)の晩ごはんに食べたのが、スーパーでよく見かける「アルミ鍋うどん」でした。

こういうヤツですね。

この「アルミ鍋に入ったスープを温めて食べる」タイプのうどんを久しぶりに食べたんですが、寒い季節のソロキャンプ(以下、ソロキャン)めしに最適だなぁと。

スポンサー広告




アルミ鍋うどんがソロキャンに適した理由

その理由をもぐもぐと食べながらまとめてみましたら、だいたい以下の6つになりそうです。

  1. めちゃめちゃ手軽
  2. オプションや食べ方が自由自在
  3. いちおう料理してる感もある
  4. 使う道具がストーブのみ
  5. 洗い物が出ない
  6. それなりに美味しく、割と満足感がある

このうち、2と3、5について少し説明を加えてみたいと思います。

オプションや食べ方が自由自在

「アルミ鍋うどん」は、アルミ鍋+スープ+野菜(+うどん)という「ミニ鍋」状態となっているます。

これに、お好みの具材(例えば、薄切りの豚肉や鶏団子、ウィンナーや牛すじ串、豆腐、はんぺんといった鍋の定番など)を買い足せば、本当にミニ鍋として楽しめます。スープの種類によっては、キムチを投入してキムチチゲ風にしても美味しいし、暖まります。

ちなみに僕は、いつも豆腐とウィンナーを追加で入れます。なぜか? 好きだからです(笑)。

プリセットされているうどん玉は取り出しておき、最初に野菜やオプション具材を楽しんで、うどんは〆に食べてもいいかも知れません。

最後にうどんを温めている時に、卵を落とすとさらに満足感アップ。

ごはんを自宅から持ってきて、雑炊にするのもアリですね。

いちおう料理してる感もある

肉や野菜をカットしたり、調味料を加えたりといった調理作業はほぼありませんが、弁当やカップ麺のように超インスタントなわけでもなく、加熱して具材を煮て食べるという幾つかの工程があるので、ほどよい「料理してる感」があります。

この「料理してる感」は「手抜き感」と反比例するので、きちんとキャンプ料理してるぞーという自分に対するごまかし、まやかしになります(笑)。

アルミ鍋でも十分に美味しそうですが、小型のダッチオーブンを使えば、さらに立派な料理に見えること間違いなし。

洗い物が出ない

僕はファミキャンを除き、洗い場などの設備が完備されたキャンプ場を使うことが少なく、山中の空き地や海岸、湖畔の広場などでの野営が多いので、洗い物が出ないというのはとても助かるんですよね。

それに、洗い場があっても、寒い季節の洗い物はできれば避けたいところです。

ただ、「フタ」「大きめのスプーン」の2つはあると便利。

フタは、煮込むスピードを上げてくれるのと、スープがやや少なめな時に具材に火が通るのを助けてくれます。

スプーンはレンゲ代わりになるし、豆腐や白身魚など、箸だと崩れやすい具材を食べる時に便利です。

使って汚れたら、袋に入れて持ち帰り、自宅で洗いましょう。

.

一点、重要な注意点があります

以前、アルミ鍋うどんをキャンプで食べようと、ストーブに乗せて加熱し、「さて、そろそろできたかな?」とフタを開けてみたら、なんとスープが枯渇していて、具材が半分くらい焦げているではありませんか!

そう、アルミ鍋の底に気づかないくらいの小さな穴が空いていて、スープが全部漏れてたんですよね。。

スープをアルミ鍋に注いだあと、その場にいて見ていれば気づけたんでしょうが、あ、でも、すでに酔っ払っていたので、気づかけなかったかも知れません(笑)。

スープを注ぐ前に、必ずアルミ鍋の底を十分にチェックし、万が一穴が空いていたらコッヘルなどで代用しましょう。

.

というわけで、冬のソロキャンめしに「アルミ鍋うどん」、ぜひお試しください。

Pocket

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です