プライベートキャンプ場増設計画

Pocket

4月に入ってかなり暖かくなってきましたね。新しいファミキャン用のテントも、ハイスタイル用の道具もまだ検討中ではありますが、今年一発目のファミキャン、ぼちぼち実施したいところです。

とはいえ我が家の中は日中でも若干冷えるのでフリース着用必須なんですが、今日、マシューの散歩にと玄関出たら近所を歩いてるみなさん、すっかり春の装いで、真っ黒なフリース着てる自分が少々恥ずかしくなってしまいました(笑)。

スポンサー広告




自由に使えるキャンプサイトが欲しい

トム(妻)や娘、友人ファミリーたちと一緒にやるファミキャンは、トイレや流しなどの設備を完備しているキャンプ場に行きたいと思っているんですが、昨今のキャンプ人気の影響でキャンプ場を予約するのがかなり大変になってるみたいですね。

そんなこともあったり、たくさんの人でガヤガヤしてる場所でキャンプしたくないってのがあったり、個人的に過去に色々あったりで、僕が友人とするキャンプ、いわゆるソログルキャンは今年もこれまでのようにキャンプ場ではないただの自然の中でやっていきたいと思っています。

そして、せっかく自然だらけの鳥取で暮らしてるんだから、それに加えてもっと近場で気楽にサクッとキャンプできるような場所を確保しておきたいな〜、なんて最近思うようになりまして。

それもできれば複数。毎回同じ場所だと、ちょっと飽きちゃいますしね。

いつでも自由に使えて(もちろんヨソ様の土地の場合は事前に連絡しますが)、3〜4人くらいの少人数でのんびり静かにキャンプできる。そんなプライベートキャンプ場の増設計画を今年、ひっそりと発動したいと思います。

今回は現時点ですでにリスト入りしている場所を簡単にご紹介していきます。

友人所有の山、と裏庭

まずは、すでに昨年キャンプ(野営)した実績のある、友人所有の山。

オッサンたちで山キャンしてきた

同じ友人の家の裏にある100坪ほどの空き地も、今年からプライベートキャンプ場として使わせてもらうことになっていて、さっそく今月下旬にソログルキャンする予定。

ただ、ご覧のように枯れ草が点在していたりとグランドコンディションがあまりよろしくないので、事前に整備する必要がありますね。手押しの耕運機でガッツリ耕起してやりたいところですが、耕運機が手配できるかしら。草むらの中を小さなヘビがちょろちょろしていたので、草刈りもした方が良さそうですね。

綺麗に整備できたら、石などを敷いてファイヤーピット(的なもの)をつくって直火の焚き火もしたいなぁ。

友人宅の裏庭ということで、トイレや風呂、果ては冷蔵庫まで借りれるのではないかというゲスな期待もありますが、それではキャンプにならないのでしっかり線引き。

R町の土地

もう一つの候補は、以前キャンプハウス建設を検討していたR町の土地。トムの祖父母が所有する、畑と果樹園が広がる350坪ほどの土地です。

栗の木が比較的短い間隔で植えられているし、水路が切られているので、現状では広々ゆったり、どんなテントでも問題なく設営可能というわけではないのですが、工夫次第でクリアはできそう。

現在も祖父母がここでの野菜づくりを楽しんでいるので、隅っこをお借りして年内に一度、試験的にやってみたいなと思っているところです。

ここは自分たちが継承する可能性もある土地なので、以前検討(妄想)したように多少投資してより快適にキャンプができる環境にしていってもいいかなとも思っていたりします。

R町の土地をプライベートキャンプ場にするという妄想(流し場編)

・・・

というわけで、プライベートキャンプ場として使えるスペースは現在3か所。少しずつ情報収集して、5〜6か所にまで増やせたらいいなと思ったりしています。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

おすすめ

4件のフィードバック

  1. curu-curu より:

    プライベートキャンプ場、いいですよねぇ、、、。わたしもこの件につきましては(も?)日々、はげしく妄想しています。
    こちら関東近郊のキャンプ場も、とにかく予約がとれないです。予約がスタートする日の0:00にはサーバーがダウンするといったキャンプ場もあるみたいで、なんだかなぁ???と思ったり。たとえ争奪戦を勝ち抜いて予約が取れたとしても、今度はおそろしい大渋滞、、、。そうするともう、そこまでして行かなくても?なんて気分になってしまいます。
    awさんの「キャンプ場ではないただの自然の中でやっていきたい」全く同感です。
    テントだけ張らせてくれればいいから、そのぶん利用料安くしてください!笑、と言いたくなるぐらい、至れり尽くせりのキャンプ場。キャンプに快適さを求めていないものにとっては、いろいろ過剰すぎて楽しめません。
    awさんのように仲間といろんな場所をシェアできるのはとても理想的ですね。わたしも小さな土地を手に入れて、いつもで自由気ままにキャンプが楽しめるプライベートキャンプ場がほしいなぁ。とりあえず、コンポストトイレづくりまでは調査済みです😄

    • aw より:

      curu-curuさん、コメントありがとうございます😄

      予約開始でサーバーダウンとはすごいですね!予約できたあとのご苦労も……首都圏はただでさえ人が多いですから、何かと大変ですよね。お察しいたします😔

      人がたくさんの都会を離れて不便ながらも豊かな自然の中でゆったりと過ごす、というのが古き良きキャンプの良さのような気がするのですが、充実した設備のキャンプ場で日常生活の快適さを手放さないキャンプ、というのが生まれてきてるんですかねぇ。

      もちろんそれもまたよしだとは思うのですが、海外のようにキャンプ場ではない場所でのキャンプが難しい日本では、キャンプがブームになれば当然キャンプ場に人が集中してしまうので、今回の記事の内容は、折衷案と言いますか、キャンプ場ではないけど完全な自然でもない=個人が所有・管理してる場所でキャンプしよう!という短絡的なアイディアですね😅

      ただ、こういう稚拙なアイディアでも書いてみるものだなと思ったのは、記事を読んだ友人から「うちも使っていいよ」と連絡があったこと! さっそくリスト入りさせてもらいました。仲間と静かにゆったりと過ごせる場所を、少しずつ増やしていきたいと思っています。
      いつかcuru-curuさんにも利用してもらえるといいなぁ。

  2. amukatamukat より:

    楽しそうな計画ですね!都内在住なので、地方でキャンプする事が多いです。その度に、キャンプ場が近くにある田舎暮らしに憧れていました。一時はUターンも考えたのですが、なかなか踏み切れなかったです・・・
    自分がやりたいと思いつつもなかなか実行できなかったことなので、陰ながら応援させもらいますw都市部だと土の上を歩いたり、触れる機会が全くないので整地するだけでも楽しそうです!

    • aw より:

      amukatamukat さん、コメントありがとうございます🙂

      都会での暮らしは素晴らしいですし、キャンプという趣味だけでそれを手放すのはなかなか難しいですよね。僕も10年前にUターンしまして、今はもう田舎に根を下ろしつつありますが、今も懐かしく思い出すこと、多いです。

      使われてない土地を仲間と開墾・整備して、キャンプできる場所にする作業自体が楽しそうですよね! 実際やってみるとかなり大変だとは思いますが、そのプロセスも楽しんでいきたいと思っています。
      応援、よろしくお願いします🤣

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください