タープ泊してみた

Pocket

いつもの(と言えなくなっているほど今年はキャンプに行ってませんが)キャンプ場、柳茶屋キャンプ場に、いつもの仲間とキャンプに行ってきました。ちと訳ありで、多分今年最後のキャンプです(多分)。

スポンサー広告




初めてのタープ泊

柳茶屋キャンプ場は、鳥取砂丘のすぐそばということもあり、地面は砂。雨が降ったりすると撤収と後片付けが面倒です。

そのこともあって、できるだけ身軽に、設営も撤収も簡単にできるように、道具などを少しずつ揃えてきました。

今回は、現時点でのその集大成ということで、テントを使わず、初めてのタープ泊にトライしてみました。

01

タープは先日買ったばかりのHILLEBERG Tarp10 XP、中にはHelinox Cot One

コット中央部の高さを確保するため、両端に地面との大きな隙間ができてしまっていますが、実際に寝てみると特に気にならず(辺りは真っ暗ですし)。

夜の風は結構涼しめでしたが、もはやその機能の半分以上を失っているであろう10年選手のシュラフ(mont-bell #4)でも全く問題なく、快適に眠れました。

完全な密室になるテントと比べると開放感が段違いで、「野外で寝ている」感がかなり高いです。今くらいの気温、気候であれば、タープ泊、いいですね。

ちなみに、キャンプ仲間の一人の、今回の就寝スタイルはこちら。

04

グランドシートにマット、その上にシュラフとヴィヴィという、タープ泊よりもさらに上を行く「野外で寝ている感」です(笑)。

以上、今年最後(多分)のキャンプ報告でした。

タープ泊 関連記事

タープ泊について検討してみた荷物が少なくなるし、自然をより身近に感じながら時間を過ごすことができるタープ泊。実行するにあたって問題となる点について事前に検討し、対策を立ててみました。

湖畔でタープ泊してみた

湖畔でタープ泊してみた日本で一番大きな池「湖山池」。この畔りにある芝生が広がる公園グリーンフィールドで、ソロでタープ泊してきました。美しいロケーションなのに、キャンパーは一人もいないんですよね、ココ。

aw

Live in Tottori-Pref, JPN. Love Camp, Sandwich, Coffee, Beer and Scotch on the rock. Pursuing Self-Sufficiency Life.

あわせて読みたい

ご意見・ご感想をお聞かせください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください